スポンサードリンク

“介護保険制度とは”をわかりやすく。改正と概要、2013の問題点と見直し


介護保険制度とは、簡単にいえば社会全体で高齢者を支えるための制度です。

スポンサードリンク


もし仮に歳を重ねてから介護が必要になった際に、それにかかる費用を全額自己負担としてしまうと、
貯蓄の少ない高齢者世帯は簡単に破たんしてしまいます。

 

 

それを防ぐのが介護保険制度です。
介護保険制度の保険者は市区町村、被保険者は40歳以上の人です。
65歳以上の人は第1号被保険者、40歳以上65歳未満の人は第2号被保険者になります。

 

 

保険料は第1号被保険者は年金から直接引かれます(年金額が月額1万5000円以下の場合は自分で市区町村に収めます)。第2号被保険者は健康保険料と一緒に徴収されます。

 

 

2013年現在、第1号被保険者が支払わなければならない保険料の全国平均額は4972円です。
2002年の2911年と比べると約1.7倍にも増加しており、今後もさらに増加することが見込まれています。

 

 

介護保険のサービスを利用した場合、自己負担額は1割です。
残りの9割は介護保険からの支給となります。
9割の内訳は公費が50%(国25%・都道府県12.5%・市区町村12.5%)で、残りの50%が介護保険料です。

 

 

第1号被保険者は、介護が必要であると認められた場合には、病気の種類にかかわらず介護保険を利用して介護サービスを利用することができます。
第2号被保険者は、特定疾病(認知症、脳卒中など)で介護が必要になった場合のみ、介護保険を利用して介護サービスを受けることが出来ます。

 

 

介護保険を利用するには、当該市区町村の窓口に行き、要介護認定を受ける必要がありま宇。要介護認定は訪問調査と主治医の意見書を元に行われます。
もし要介護が認定された場合、症状の軽重に応じて7段階の必要度が認定されます。

 

 

必要度が低い順に要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5となります。
要支援の段階では機能改善が望めますが、要介護になってしまうと本格的な介助が必要になります。

 

 

また、要支援1もしくは要支援2に認定された場合は、
地域の介護要望サービスを利用することが出来ます。

 

 

介護予防サービスとは、要支援者が将来要介護者にならないために行われているサービスで、自宅で受けるサービスや通所サービス、施設に入所するサービスなどがあります。
食事や入浴などの訓練することによって、自分でできることを増やします。

 

 

介護保険制度は随時見直しや改正が行われていますが、問題点もあります。
一番の問題点は介護認定する人によって基準が違うことです。
同じ人でも見る人によって、要介護1に認定されたり、要介護2に認定されたりします。

 

 

また、介護保険料は増加の一途をたどっており、
将来にわたって制度を維持することが難しくなりつつあります。

 

これらの問題を解決しなければ、日本の将来は暗いでしょう。

 

医療とお金の記事
国民健康保険料について
介護保険制度について
日本の医療費について
医療費控除について


スポンサードリンク

コメントを残す