スポンサードリンク

おくすり手帳って何?なくしたり忘れたりした場合の対処法は?


近年は自分が服用している薬をおくすり手帳で管理する人が増えてきています。以前は紙のものしかおくすり手帳と認められませんでしたが、2016年4月からは最近は電子おくすり手帳(アプリ)も利用可能になりました。

今回の記事ではおくすり手帳がどのようなものなのか、どのようなメリットがあるのか、紛失した場合はどうすればいいのかなどをまとめてお伝えいたします。

スポンサードリンク

おくすり手帳は薬の服用歴をまとめた手帳

おくすり手帳は、薬の服用歴をまとめた手帳です。紙媒体のものと、アプリのものがあります。例えば日本調剤の場合は「おくすり手帳プラス」というアプリを提供しています。紙のものは調剤薬局で発行できます。

おくすり手帳には過去から現在に至るまでの薬の服用歴、処方箋を発行した医療機関名、副作用歴、アレルギー歴、病歴などがまとめて記載されています。

おくすり手帳にはどのような病気になり、どのような薬を服用し、どのような副作用が出たか(あるいは出なかったか)がまとめられています。医者や薬剤師にどのような薬を使っているかを伝えられるだけでなく、無駄な服用を減らしたり、薬の飲み合わせを適切にしたり出来ます。自身の健康管理にも役立つため、1冊は持っておいたほうがいいでしょう。

おくすり手帳で医療費が安く済む?

おくすり手帳を持参しなかった場合もしくは初めての薬局の場合、薬局でかかる管理指導料は1回につき500円です。通常は3割負担なので、管理指導料は150円です。一方、おくすり手帳を持参した場合、管理手数料は1回につき380円です。通常は3割負担負担なので、管理指導料は110円です。おくすり手帳を持参したほうが、医療費を安く抑えられます。

ただし、6ヶ月以上来局していない場合、門前薬局(大病院の処方箋に依存する薬局)を利用した場合などは、管理手数料は必ず500円(患者負担は3割なら150円)となります。

おくすり手帳をなくした・忘れた場合

おくすり手帳をなくした場合は、薬局で再発行が可能です。再発行費用した場合、管理指導料は500円(患者負担は3割なら150円)です。


スポンサードリンク
2017年6月10日 コメントは受け付けていません。 医療とお金