スポンサードリンク

病院の診療科の選び方は?


病院にかかるうえで迷うのが、どの診療科で受診するのかということです。たとえば小児ならば症状に関係なくたいていの場合は小児科、女性特有の場合は小児科、妊娠や出身の場合は産婦人科がベターな選択といえます。しかし、症状がよくわからないときなどはどの診療科を受診すればいいのか迷ってしまうかもしれません。わからない場合はとりあえず内科が広い分野をカバーしているのでもっとも無難です。

 

最近は内科もさらに、呼吸器、循環器、消化器、腎臓、血液、神経、代謝・糖尿病、内分泌、リウマチなどに細分化されていますが、最初から専門の加に行くことが必ずしも正しいとは限りません。患者の見立てが間違っているかもしれないからです。最近は総合診療科が窓口になっている病院も多いので、そこでかかる科を決めてもいいでしょう。自分で決めることも大切ですが、医療知識のある医師の助言を聞くことも大切です。

 

主な診療科とその範囲

内科:内科は主に薬で治療できる病気全般を扱う診療科です。また、病院の総合窓口的な役割も持っており、適切な診療科を紹介することも仕事の一つです。急を要さない体調不良の際はまず内科へ。

外科:主に手術で治療できる病気を扱う診療科です。最近は外科も整形外科・耳鼻咽喉科・眼科・泌尿器科・神経科といった感じで細分化・専門化してきていますが、最初から専門の科にかかる必要はありません。

小児科:子供の病気を診る科です。小児科に何歳以上の人間は規定はいけないという決まりはありませんが、一般的には中学卒業程度までが範囲となることが多いようです。大きな病院などではルールが決まっていることもあるので、それに従いましょう。

皮膚科:皮膚に関する病気を診る診療科です。アトピー、アレルギーなどにお困りの際は皮膚科へ。

産婦人科:妊娠と出産を取り扱う診療科です。そのほか、女性性器の病気、月経異常、不妊治療なども範囲内です。

心療内科:主に心身症を扱う診療科です。心身症とは心理的な原因があって身体に悪影響を及ぼしている状態のことです。

精神科:精神疾患について取り扱う診療科です。いわゆる「心の病気」を診る科ですが、心療内科と役割が重なっている部分もあります。イメージ的には心療内科のほうがハードルが低いと考える人が多いようです。

眼科:目の病気や視力の異常を見る診療科です。

消化器科:胃や腸、肝臓、すい臓などの病気を診る診療科です。胃腸科という名前がついていることもあります。


スポンサードリンク