スポンサードリンク

子供や高齢者の薬の服用方法と注意点


薬はすべての人に同じ作用をもたらすわけではありません。主作用だけを効果的に享受できる人もいれば、副作用ばかりが出て肝心の主作用のメリットがまるで受けられない人もいます。主作用がうまく出ないときは薬の量や種類を調整する必要がありますが、そのあたりは医師と相談したうえで決めましょう。

スポンサードリンク

子供と薬

子供は体や臓器の発達が未成熟であるため、大人と比べると薬の影響を受けやすいといわれています。薬が体内に残って副作用が表れたり、アレルギー反応が出たりすることもあります。このようなことが発生する確率は、大人になるにつれて下がっていきます。

 

 

医師は子供の身長や体重、年齢、症状などから薬の量を調整するため、医師の指示を守って服用することが大切です。

 

 

また、子供はたとえ体に副作用が出たとしても、それをうまく伝えられないことがあります。その変化を見逃し、容体が急変してしまっては大変です。子供が薬を服用している最中は、子供の様子に十分注意し、薬を服用するときの注意点を医師に確認しましょう。子供の年齢がある程度言っているときは、子供にも薬の主作用や副作用をしっかりと理解させるようにしましょう。

 

 

子供の薬は子供が飲みやすいように様々な工夫がなされています。甘いシロップで味付けされていることが多いです。服用するときは量の過不足がないようにきちんと図り、スプーンやスポイトなどで少しずつ飲ませるようにしましょう。

 

 

赤ちゃんの場合は薬を水に溶かして少しずつ飲ませます。ミルクや母乳に溶かして飲ませると、それらを嫌いになってしまうことがあるのでやめましょう。

 

 

なお、子供に大人用の薬を飲ませるのはやめましょう。大人用の薬はあくまでも大人が使うことを想定して作られているからです。半錠にすれば大丈夫、というわけでもありません。

 

 

高齢者と薬

高齢者の中には健康な人もいれば、たくさん薬を飲んでいる人もいます。一般的な高齢者は若者と比べると体の様々な機能が衰えています。特に薬の代謝や排せつに関連する肝臓や腎臓の機能が大きく衰えていることが多く、薬の副作用が出やすい一面があるので注意が必要です。

 

 

慢性病がある際にはさらにリスクが上がります。長期間同じ薬を利用することにより、薬の成分が体内に堆積しやすく、ある日突然思わぬ副作用が出たりすることもあります。高齢者は副作用が出ても我慢したり、あるいはうまく伝えられなかったりすることがあるため、家族や周囲の人が十分に気を配る必要があります。

 

 

妊婦と薬

妊娠中の薬は出産のリスクを揚げます。特に妊娠初期は薬の使用に慎重になるべきと言われています。どうしても薬が必要な時は、産科医に相談したうえで安全な薬を選んでもらいましょう。


スポンサードリンク