スポンサードリンク

がんセンターってなに?ガン以外の病気は見てもらえる?


日本には現在、16のがんセンターが有ります。がんセンターとは文字通りがんの診療や研究を専門的に行っている医療施設です。がんセンターという名前からも分かる通り、がんやその合併症を治療する施設であり、それ以外の病気については基本的に診てもらえません。

今回は日本に存在するがんセンターの種類と受診方法を解説していきます。

日本に存在するがんセンター

国立病院機構

  • 国立病院機構北海道がんセンター
  • 国立病院機構中国がんセンター
  • 国立病院機構四国がんセンター
  • 国立病院機構九州がんセンター

公立

  • 宮城県立がんセンター
  • 山形県立がん・生活習慣病センター
  • 栃木県立がんセンター
  • 群馬県立がんセンター
  • 埼玉県立がんセンター
  • 千葉県がんセンター
  • 神奈川県立がんセンター
  • 新潟県立がんセンター新潟病院
  • 静岡県立静岡がんセンター
  • 愛知県がんセンター
  • 兵庫県立がんセンター

がんセンターのかかり方

がんセンターは基本的に紹介予約制であるため、受診の際には紹介が必要になります。まずはかかりつけ医にご相談ください。一部のがんセンターでは、紹介がなくても受診できることがありますが、できないこともあるので、必ず事前に確認しましょう。

初診時に必要なもの

  • 保険証
  • 紹介状

がんセンターで治療を行うメリットとデメリット

がんセンターは文字通りがんの治療に特化した施設なので、がん治療にはとにかく強いです。総合病院などでは行えない治療が行えますし、精神的なフォローや治療の副作用に対する対応も迅速かつ正確です。

一方、がん以外に何らかの合併症を抱えている場合は、そのフォローが遅れることがあります。がんだけを治療するならばがんセンター、ガン以外の合併症もあるならば総合病院、といったところでしょうか。

このあたりは素人だけで判断するのは難しい一面もありますので、かかりつけ医やセカンドオピニオンの医師とも相談して決めましょう。


スポンサードリンク