スポンサードリンク

ペット保険の入り方は?


近年、人間のみならず人間が飼っているペットも長寿命化・高齢化が進んでいます。愛するペットと長く暮らせるのは素晴らしいことではありますが、一方で高齢化による医療費の高騰も問題になりつつあります。

ペットは人間と違って公的保険に入っていないので、治療費は原則として飼い主が全額自己負担しなければなりません。

このような問題に対処できるのがペット専用の保険、通称ペット保険です。今回は年々ニーズが高まるペット保険の仕組みや補償範囲、入り方について説明いたします。

スポンサードリンク

ペット保険の仕組み

ペット保険の基本的な仕組みは、人間のそれと変わりありません。加入者は毎月保険料を払い、病気になったら保険会社に対して保険金を請求する、と言うかたちになっています。補償の対象は主に

  • 通院
  • 入院
  • 手術

の3つで、保険によってはさらに

  • 葬儀代
  • 車椅子作成費用
  • 損害賠償(ペットが他者に危害を加えた場合の賠償金)

などが補償されます。手術のときのみ補償が受けられるような、より簡易的なペット保険もあります。

加入できるペットは保険会社によって異なります。基本的には犬と猫のみとしている所も多いですが、鳥やうさぎ、フェレットなどを対象としているところもあります。

保険金の請求方法

通院や入院、手術をした場合は、一度窓口費用を全額立て替えたあと、郵送で保険金を請求する、という形式を取るのが一般的です。窓口清算対応のペット保険会社が提携する動物病院で治療を受けた場合は、立て替えの必要はありません。

補償金額と保険料

補償金額は保険によって異なります。例えば、PS保険の場合、診療費の50%、70%、100%を補償します(補償率が高いほど保険料は高くなります)。また、補償金額にも上限が定められていることが多いです。

補償率・補償金額が同じであっても、ペットの種類によって保険料は変わります。例えば犬の場合、基本的に大型犬のほうが小型犬よりも保険料が高くなります。

入り方

ペット保険はどんなペットでも入れるというわけではありません。動物の種類、年齢、健康状態によって加入できないことがあります。各ペット保険会社のホームページで条件が公表されていますので、事前に確認しておきましょう。


スポンサードリンク
2018年1月9日 コメントは受け付けていません。 動物の病気