スポンサードリンク

子供の成長は早い?遅い?


子供は日に日に成長します。一応大人も少しずつ変化はしているのですが、子供はその何倍ものスピードで大人に近づいていきます。成長が早い子はどんどん育っていきますし、成長が遅い子はゆっくりと育っていきます。これは単なる個性の問題で、どちらがいいというわけでもありません。成長に個人差があるということを理解しておくだけで、育児のプレッシャーはぐんと低くなります。

スポンサードリンク

別に他の子供より多少背が低かろうが高かろうが、太ってようがやせていようが、そんなことはどうでもいいんです。小児科医に「問題のない範囲ですよ」と判断されたら、その個人差を楽しんでやるくらいの図太い神経を持ったほうが、育児は安定します。

 

 

とはいえ、正常値から明らかに外れている場合は、治療が必要になることもあります。そのあたりの判断は、医師の話を十分に聞いたうえで、両親が行う必要があります。適切な判断ができるように、書籍などをよく読んで知識を付けておくことが大切です。

 

 

乳児期の体重

乳児の成長・健康を判断するのには体重が最適です。出生時の体重は正期産時なら、大体3000gです。これより多少重かったり軽かったりしても問題ありません。出生時の体重が2500g以下だった場合未熟児と呼ばれますが、最近は未熟児でも問題なく成長することが多いです。もちろん、問題が発生した際にはその都度対処していく必要がありますが。

 

 

さて、出生直後は約3000gだった体重は、最初の3か月ぐらいまでは1日に30gぐらい増えていきます。1歳ごろには1か月200gぐらいの増加になります。目安は1歳で出生時体重の約3倍です。

 

 

この数値をやや下回っている場合、体重増加不良といわれることがあります。体重増加不良の原因にもいろいろありますが、特に多いのは哺乳の問題です。赤ちゃんが母乳をきちんと吸えていないために、体重の増加が鈍るのです。場合によってはミルクに切り替えるなどの配慮が必要です。

 

 

もちろん、もっと深刻な病気があることもありますので、おかしいと思ったら小児科医に相談しましょう。

 

 

一方、出生直後の身長は約50cmです。1歳で1.5倍、4歳で2倍、12歳で3倍が大まかな目安です。頭囲(頭回り)は出生直後で33cmぐらいで、この時点では胸囲よりも大きいです。その後次第に体が大きくなり、1歳のころに頭囲≒胸囲となります。

 

 

成長曲線
成長のペースが速かったり遅かったりする場合は、成長曲線を見てみましょう。成長曲線が2SD~-2SDの間にあれば問題ありません。成長曲線についてはこちらを参考にしてください。


スポンサードリンク
2015年9月19日 コメントは受け付けていません。 出産・育児