スポンサードリンク

代表的な出生時損傷(分娩損傷)の種類は?


今回はお産の時に発生する、出生時損傷(分娩損傷)について解説したいと思います。

 

 

産瘤

産瘤とは、胎児が賛同を通過する際に先に進んでいく部分のむくみのことを指します。多くの赤ちゃんは頭から生まれてくるので、通常のお産では頭にできます。
場合によっては臀部(尻)や足などに産瘤ができることもあります。

 

 

産瘤の大きさは大体掌で包み込めるくらいの大きさです。
柔らかく、手で押し込むとそのあとにくぼみが残ります。
産瘤に似たものに頭血腫がありますが、こちらは押した後くぼみが残りません。

 

 

産瘤自体は2日~3日程度で自然と無くなるものであり、特に治療は必要ありません。

 

 

頭血腫

頭血腫とは、骨と骨膜との間に出血して血液がたまった状態のことです。
通常、生まれた直後には見られませんが、半日から1日が経つにつれて徐々に表れます。次第に大きくなっていき、数日で産瘤と似た程度の大きさになります。

 

 

産瘤と違い、触れるとブヨブヨとしており、中に液体が入っている感じがします。
針を刺して中にたまっている血液を抜くのは、細菌感染を招く恐れがあるので推奨できません。通常は自然に吸収されるのを待つようにします。

 

 

通常は2か月から3か月で消えるので、それほど心配はいりませんが、
たまに新生児期の黄疸が強くなったり長引いたりすることがあります。

 

 

帽状腱膜下出血

帽状腱膜とは、頭皮の下にある、頭がい骨を包んでいる膜のことです。
分娩の際に大きな力が頭皮に対してかかると、帽状腱膜と骨膜の間に出血が起こることがあります。これを帽状腱膜下出血といいます。

 

 

出産直後は症状がありませんんが、半日から1日が経つにつれて徐々に表れます。
血液がにじむので、皮膚の色は赤みがかって見えます。
出血は東部全体に及ぶため、高度の貧血や横断を伴うことがあります。

 

 

大量出血による播種性血管内血液凝固症候群を引き起こす可能性もあり、最悪の場合死に至る可能性もあるので、注意が必要です。治療の際には輸血が必要になります。

 

 

腕神経叢まひ

腕を動かす神経は首のところで脊髄から出て腕に延びています。
出産時に首の片側が強く伸ばされたり、圧迫されたりすると、神経が損傷し片側の上でが動かせなくなることがあります。これが腕神経叢麻痺です。

 

 

上腕型(腕は動かないが手の関節や指は動く)と前腕型(腕は動くが手指が動かない)があり、上腕型は前腕型よりも治りやすいです。

 

 

横隔神経麻痺

横隔膜の運動を支配する神経も首のところから出ているため、上記と同じ理由で麻痺を起すことがあります。

 

 

呼吸運動は横隔膜が上下することによって行われていますので、横隔膜の運動がなくなると呼吸が制限されて、息が苦しくなります。症状が重い場合は人工呼吸器を装着することもあります。3か月程度たっても治らない時は、手術を行うこともあります。

 

 

顔面神経麻痺

お産の際に頬を強く圧迫されると起こります。
顔の筋肉を支配する神経のまひで、傷害された側の目は完全に閉じなくなります。通常は1週~2週で治ります。


スポンサードリンク