スポンサードリンク

タイヤオーストラリアで代理出産ダウン症が?寄付が2chで話題に


最近話題となったオーストラリアの夫婦のダウン症児引き取り拒否についての情報をまとめました。

スポンサードリンク

この出来事は、タイ人女性に代理出産を依頼したオーストラリア人夫婦が、
生まれた双子のうちダウン症だった男の子の赤ちゃんを引き取り拒否したというものです。

 

 

この事件は当然タイ、オーストラリア両国ではもちろん、
遠く離れた日本でも話題となりました。

 

 

日本は第三者であるためそれほどでもありませんが、
タイとオーストラリアではこの夫婦に対して避難が殺到。
オーストラリアではアボット首相が夫婦を批判するまでに至りました。

 

 

逆に引き取り拒否された男児を育てることを表明したタイ人女性の元には、
多額の寄付が舞い込んできているそうです。

 

 

この出来事は実にいろいろな問題をはらんでいます。

 

 

代理出産の危険性
まずは代理出産ビジネスそのもののあやうさ。
代理出産ビジネスはお金を稼ぐスキルのない女性にとってはありがたい話かもしれません。
しかし、今回のようにそうした女性の弱みに付け込み、
契約違反を平然と侵す父母が今後また現れないとは限りません。立場の弱い女性の足元を見るような行為は、倫理的に批判されるべきことです。

 

 

また、契約そのものが代理母に不利な条件で組まれることもあります。
今回のように子供に障害が発生した場合はどうすればいいのか、
本来は事細かに話し合う必要があるのですが、
現状はそれが必ずしもなされているとは言えません。

 

 

女性を人ではなくものとしてみているという意見もあります。
女性を単なる産む機械としてしか見ていないような人が増えれば、社会は当然居心地の悪いものになります。

 

 

また、契約上の問題もあります。
日本では代理出産は公序良俗に反しており、
無効であるという判決が大阪高裁で出たことがあります。

 

 

ダウン症は個性か障害か
もう一つの問題はダウン症の扱いに関する問題です。

 

 

妊娠時に障害が見つかった場合は中絶させられる場合があり、
これが優生学に当たるのではないかという批判があります。
優生学とは生物の遺伝子を改良することにより、
人類の進歩を促そうとする学問のことです。
現在は人権との兼ね合いから下火になっています。

 

ダウン症関連記事一覧

ダウン症の胎児の特徴は?顔写真付き
エコー検査でわかることとわからないこと
染色体異常症とダウン症の密接な関係とは?
ダウン症検査に重くのしかかる費用
母親の年齢が上がるとダウン症になる確率も上がる!
何でダウン症児は皆同じ顔をしてるの?
ダウン症児引き取りを拒否する両親と代理母の葛藤
ダウン症児、貴方は愛せますか?
熊田曜子の子供はダウン症?
木村拓哉の子供はダウン症?
松嶋尚美の子供はダウン症?

 

 

今回の夫婦のように、健常児は欲しいけど障害児は欲しくないという夫婦は、
実際問題たくさんいるはずです。差別主義者といわれるのが嫌だから口にしないだけで、障害児がほしくないは一定数存在しているのです。

 

 

障害児を育てるには健常児を育てるのの何倍も手間と金がかかります。
代理出産であるとか自然分娩であるとかそういうことに関係なく、
子供を産むということは障害児を持つことになるかもしれないというリスクを負うことです。

 

 

出産するうえでは、その「障害児を背負い込むことになるかもしれない」という覚悟が必要です。皆さんにはその覚悟がありますか?


スポンサードリンク
2014年8月13日 コメントは受け付けていません。 出産・育児