スポンサードリンク

5月病は4月の生活次第で予防可能!楽しみ過ぎは良くない?


新年度の疲れが出始める5月に多く見られる、いわゆる「5月病」。かつては新入社員、新社会人によく見られるものとされていましたが、最近は部署異動や転職などで新しい環境に置かれた中堅~ベテラン社員にも見られるようになってきています。

大したことではないからと放置しておくと、うつ病などのより重大な精神疾患に発展しかねません。4月のうちから生活習慣に気をつけておけば、重大な症状を防ぐことができます。

スポンサードリンク

5月病の主な症状

5月病の症状は多岐にわたっていますが、その中でも代表的なものとしては以下の様なものが挙げられます。

  • 十分に寝られない、寝付きが悪い
  • 食欲が低下した
  • 身だしなみを整えるのが億劫になった
  • 学校や会社などに近づくと体調不良が出る
  • 仕事の効率が低下している
  • 頭痛や目眩などが出始めた

これらの症状は5月病の中でも典型的なものであり、非常によく見られます。これらの症状が気になる場合は、必ず時間を取ってメンタルクリニックなどにかかるようにしましょう。なんでもなければそれでいいですし、5月病ならば対策が考えられます。

5月病の予防法

完璧主義をやめる

5月病は完璧主義的な人、几帳面な人ほどかかりやすいとされています。完璧を目指すのは悪いことではありませんが、もともと人間は不完全な生き物です。完璧と言うのは幻想です。

完璧に何かがこなせなくたって死ぬことはありませんし、完ぺきに出来ても評価されることはまずありません。そこまだ他人はあなたの仕事ぶりを見ていません。

規則正しい生活を送る

遅寝遅起は「幸せホルモン」と呼ばれストレスを軽減するセロトニンの分泌を妨げます。5月の頭にはGWがありますが、日付が変わる前に寝ましょう。

自分のやりたいことをする

やりたいことは人によって違います。休日は出かけたい人もいれば、家に居たい人もいるでしょう。大切なのは自分にとってやりたいことをすることです。

出かけたい人はでかければいいですし、家に居たい人は家に居ればいいのです。休日まで他人の都合に合わせる必要はありません。

5月病は「そのうち」治るだろうと放置していいものではありません。卿から生活改善と、自らの欲に沿うための工夫を始めてみてください。


スポンサードリンク
2017年4月11日 コメントは受け付けていません。 全身の病気