スポンサードリンク

骨粗鬆症の薬には副作用がある。食べ物にも工夫を


高齢化社会の進展に伴い、骨粗鬆症の患者数が増えています。

スポンサードリンク

骨粗鬆症とは、骨の質量が減少し、骨の密度がスカスカとなってもろくなる病気です。
通常は老化とともに骨密度が下がっているため高齢者に多く見られる病気ですが、
若い人でも骨粗鬆症になることは十分にあり得ます。
患者数は日本全体で1300万人程度。国民の10人に一人が該当する、もはや立派な国民病です。

 

 

また、男女間で見た場合は女性の方が発症しやすい病気です。
特に閉経後の女性は女性ホルモンの低下により、骨粗鬆症にかかりやすくなります。

 

 

症状
最初のうちは自覚症状はありません。しかし、骨の質量が減少すると骨折しやすくなります。
骨折後の検査で初めて骨粗鬆症と診断されることも少なくありません。
特に骨粗鬆症の原因となりやすい部位は背骨、手首、肩などです。

 

 

また、骨がスカスカになることにより、身長が低くなることがあります。
腰や背中の痛みがある場合もあり、長期にわたって傷みが続く場合には特に注意が必要です。

 

 

原因
骨を形成するスピードが低下したり、カルシウムの吸収力が低下したりすることによって引き起こされます。
骨粗鬆症には原因がはっきりしない原発性骨粗鬆症と、
原因がはっきりしている続発性骨粗鬆症に分けられます。

 

 

前者はさらに閉経後骨粗鬆症老人性骨粗鬆症に分けられます。
前者の原因は加齢と閉経によるものです。

 

 

主な危険因子は生活習慣の乱れや運動不足、タンパク質やカルシウムの摂取不足、
コーヒーの過剰摂取、喫煙や飲酒、女性ホルモン低下などです。

 

 

一方、後者の原因はステロイドの服用関節リウマチなどです。
特にステロイドを長期にわたって使用するとカルシウムの吸収量が低下し、
また排出量が多くなるため骨の総量が減少します。

 

 

検査
DXA法、MD法、超音波法などの検査方法があります。
いずれも痛みもなく、長くても10分程度で終了します。
骨密度が若い人の70%以下になっていれば骨粗鬆症です。

 

 

治療
薬物療法では、カルシウム製剤、女性ホルモンのエストロゲン、
骨吸収を抑制するカルシトニンなどの薬物を摂取します。

 

 

これらの薬の主な副作用はさまざまです。
たとえば、エストロゲンの場合は性器出血や乳房痛などの副作用が出ることがありますが、
症状は服用するにつれて消えていくのが一般的です。

 

 

また、カルシウム製剤の場合は胃腸に不調が出ることがあります。
なんにせよ薬の副作用かなと感じる症状がある場合には、
できるだけ速やかに医師に相談するようにしましょう。

 

また、果物やカルシウムの多い食べ物は骨粗鬆症を未然に防ぎます。

 

 

生活習慣では、適切な運動と食習慣により、骨密度の低下を防ぎましょう。
下半身を鍛えて、転倒しにくくすることが重要です。

 

 

また、住環境の改善をして、転倒しにくい生活環境を作ると、
骨折の可能性が低まります。転倒したときの骨折を予防するプロテクターもありますので、
骨粗鬆症の方は仕様を検討してみてください。

 

 

支援など
日本骨粗鬆症協会が、骨粗鬆症の予防と治療ガイドラインを作成しています。
ガイドライン(PDF)はホームページ上でも公開されています。

 

 

心構え
骨粗鬆症は適切な運動習慣と食事習慣である程度防ぐことが出来る病気です。
初期症状がないので気が付きにくい病気ではありますが、
腰などに長く痛みがある際には、一度骨粗鬆症を疑った方がいいでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す