スポンサードリンク

鉄欠乏性貧血の症状は氷食症など。子供でも放置すると危険なことに


貧血には様々な種類のものがありますが、貧血の9割は鉄欠乏性貧血が占めています。
特に女性に多く見られる病気であり、年齢を問わず子供も高齢者も発症するので注意が必要です。

スポンサードリンク

原因

血液中には赤血球という物質があり、その中にはヘモグロビンが含まれています。
ヘモグロビンは体内に酸素を運ぶという重要な役割を担っています。

 

 

ヘモグロビンはヘムという物質とグロビンというたんぱく質から成り立っており、
ヘムの合成には鉄が必要です。通常、鉄は人体に約4gほど含まれており、
子の量が容易に上下することはないのですが、場合によっては体内の鉄量が急激に不足してしまうことがあります。

 

 

鉄が不足するとヘモグロビンが出来にくくなり、その結果全身に酸素がいきわたらずに様々な症状が起こるようになります。

 

 

鉄が不足する要因は様々ですが、最も大きな原因は食事です。
私たちは食事から鉄を摂取していますが、その摂取量が少なくなると貧血のs情報が現れます。
鉄分や肉、レバーなどに多く含まれています。

 

 

特に女性はダイエットでこれらの食物を抜くことが多いため、
貧血になりやすいといわれています。

 

 

また、女性の場合は月経や妊娠、出産、授乳などが原因となることもあります。
血液中には鉄が含まれているため、これらの行為で出血すればその分だけ鉄は不足します。
特に妊娠中は胎児に栄養を与えるために、普段より多くの鉄分が必要になります。

 

 

現在妊娠中の方は特に鉄分を積極的に摂取するようにしてください。

 

 

子どもの場合、成長期による鉄消費量の増加が鉄欠乏性貧血の原因となることもあります。

 

 

症状

体内の酸素供給量が減るため、それを補おうとして心拍数が増加し、同期や息切れ、
疲労感、倦怠感、頭痛などが現れることが多いです。
加えて爪がスプーン上に反り返ったり、嚥下障害が起こることがあります。

 

 

また、最近は氷食症という症状も注目されています。
これは氷を食べすぎてしまう症状です。
氷食症の原因のほとんどは鉄欠乏といわれていますが、
その原因についてはまだよくわかっていません。

 

 

いずれにせよ1日に製氷皿1枚以上の氷を食べてしまうときは氷食症ですので、
早急に医療機関に相談されることをお勧めいたします。

 

 

治療

鉄欠乏性貧血自体は鉄材を飲み続けることによっていずれは改善します。
ただし、これはあくまでも一時的な解消方法であり、
根本から鉄欠乏性貧血を断つためには鉄の摂取量を増やすなどする必要があります。

 

 

鉄は一般的にビタミンCと同時に摂取すると吸収率が上がる傾向があります。
ビタミンCは緑黄色野菜に多く含まれている成分です。
一方、鉄分は肉やレバーに多く含まれている成分です。

 

 

この両者をバランスよく摂取することによって、体質が改善していきます。
ダイエット中の場合はそれを止める必要はありませんが、
きちんと食事はとるようにしてください。

 

 

バランスのいい食事を取ることによって、鉄欠乏性貧血を改善していきましょう。


スポンサードリンク
2015年2月21日 コメントは受け付けていません。 全身の病気