スポンサードリンク

赤ちゃんが突然蕁麻疹になる原因は?慢性には薬や漢方も


蕁麻疹自体はありふれた病気であり、直接生死にかかわるような病気でもないのですが、
罹患してしまうと非常に不快な思いをすることになります。

 
蕁麻疹は蕁麻(イラクサ)に刺された後のように腫れることから、
この名がついています。イラクサのとげにはヒスタミン(アナフィラキシーの原因となる物質)が含まれています。

スポンサードリンク

蕁麻疹は皮膚の一部が突然赤くなり、しばらくするとまた消えてしまうという不思議な病気です。
ここの発疹自体は長く手も数時間程度で消えて言ってしまうのですが、
その一方で新しい発疹がたくさんできるため、なかなかきれいに肌が戻ることがありません。
虫刺されと違って刺された跡はないですが、猛烈なかゆみに襲われます。

 

 

蕁麻疹は経過によって1か月以内で消える急性蕁麻疹と、
それ以上続く慢性蕁麻疹に分類できます。

 

 

また、原因によって肌を書くことによって起きる機械性蕁麻疹、
寒いところで起きる寒冷蕁麻疹、運動などで現れ宇コリン性蕁麻疹、
物質と接触することによって起きる接触蕁麻疹などがあります。

 

 

抗原には食べ物、薬剤、ほこりなどがあります。
世の中にあるものはすべて抗原になりうると思ったほうがいいでしょう。

 

 

また、子供や赤ちゃんは特に蕁麻疹を発症しやすいです。
子供の蕁麻疹も大人の蕁麻疹と同様、その原因は様々です。
特に子供が口にする機会が多いお菓子に使われている着色料、
保存料などの食品添加物には注意する必要があります。

 

 

その一方で原因が特定できないような蕁麻疹も少なくありません。
注意をするのにも限度があるので、その場合は適切な治療を行うことが大切です。

 

 

治療
薬を使った治療が一般的です。
蕁麻疹は基本的に体の内部から発生するかゆみなので、
塗り薬は効果がありません。抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤などを服用して、
症状を緩和しながら原因となる物質を探っていきます。

 

 

ただし、慢性蕁麻疹の場合は原因を特定することが困難です。

 

 

原因がわからない場合はとりあえず薬を服用しながら、
経過観察を行います。飲酒やストレスなどは蕁麻疹を悪化させる元となりますので、
避けるようにしましょう。

 

 

漢方薬も一定の効果があります。
漢方学では慢性蕁麻疹になるような皮膚が弱っている状態を「衛気虚(えききょ)」といいます。

 

 

この状態が長く続くと、抗ヒスタミン剤などを飲み続けても一時的に症状を緩和するだけで、
根本から体調を改善することはできなくなってしまいます。

 

 

そのような場合には漢方が効果を示すことがあります。
漢方薬局の薬剤師と相談して、使用する漢方を決めてください。


スポンサードリンク
2014年9月25日 コメントは受け付けていません。 全身の病気