スポンサードリンク

血液型不適合妊娠のO型とは-Rh式とは?


血液型不適合妊娠とは、胎児と母親の血液が混じり合うことにより、
胎児の赤血球が壊されてしまう病気の一種です。

 

 

初めての妊娠ではあまり強い症状は出ませんが、
2度目以降の妊娠では死産や脳性麻痺が生じることもあるため注意が必要です。

スポンサードリンク

胎児は胎盤を通じて母親から栄養を受け取っています。
普通は胎盤が盾となるので、胎児と母親の血液は混じりません。
しかし、胎盤の絨毛組織に何らかの影響が生じると、
血液が混じり合うことがあります。

 

 

血液型不適合妊娠には抗原の種類によりABO方式、MN方式、Rh方式があります。
ABO方式やMN方式は症状が軽く、あまり問題となることはありませんが、
Rh方式の場合は問題となることが多いです。

 

 

Rhの決定因子をD因子といいます。
D因子はDD、Dd、ddの3種類に分けられ、
多くの人はDDもしくはDdに属します。
DDもしくはDdがRhマイナス、ddがRhプラスです。

 

 

妊娠した女性がRhマイナスで、なおかつ相手の男性がRhプラスの場合、
その子供は50~100%の確率でRhプラスになります。
この症状は胎児と母親の血液型が異なるため、血液型不適合妊娠と呼ばれています。

 

 

症状
最初の子にはほとんど症状が出ません。
後退が出来て胎児を攻撃する前に産まれてくるからです。
また、母体に影響が出ることも輸血を除いてはありません。

 

 

ただし、抗体のある血を入れられた場合死亡する可能性がありますので、
病院で血液型証明を発行してもらい、常に持ち歩くようにしましょう。

 

 

2番目以降の子供は貧血黄疸の症状が出ることがあります。
貧血がさらに進めば心不全、胎児水腫となって死亡することもあります。
このような病態は胎児新生児溶血疾患といいますが、
母親がこの症状に気が付くことはありません。したがって、妊娠中の適切な管理が重要になります。

 

 

ただし、最近は検査法や予防法の発達、
光線療法の普及などにより横断の危険性は減ってきていますので、過剰に心配する必要はありません。

 

 

検査と治療
簡単な採血検査で調べることが出来ます。
また、次回以降の出産の予防法として出産後72時間以内に後退が作られることを予防する注射が一般的になっています。

 

 

妊娠28週間目以降には予防目的で抗Dヒト免疫グロブリンを投与します。

 

 

万が一重度の黄疸が発生した場合は、交換輸血を行います。
交換輸血とは簡単にいえば体内の血液を全とっかえする方法です。
交換輸血は横断による脳性麻痺から子供を守ってくれます。

 

 

光線療法を用いることもあります。
光線療法とは光線を当てて体内のビリルビンと呼ばれる物質を破壊する療法です。担当医と相談したうえで、適切な治療方法を選ぶようにしましょう。


スポンサードリンク
2014年9月7日 コメントは受け付けていません。 全身の病気