スポンサードリンク

血中アルコール濃度が人体にもたらす影響とは?


お酒を飲むと、アルコールは胃や小腸などから吸収されて血中に入ります。血中のアルコール濃度が高まるに連れて、様々な症状が現れます。アルコールは適度に飲めば全く飲まないよりも死亡率を下げることができますが、飲み過ぎは非常に危険です。節度を守って楽しむことが大切です。

スポンサードリンク

 

血中アルコール濃度(mg/dl) 主要な症状
20~40 微酔爽快期。気分が爽やかになり、活発になる
50~100 ほろ酔い初期。脈拍数や呼吸数が多くなり、話がなめらかになる。
110~150 ほろ酔い極期。気が大きくなり、自己抑制が効かなくなり始める。立ち上がる少しとふらつく。
160~300 酩酊極期。運動障害が発生し、まともに歩けないことも多い。呼吸が早くなり、吐き気を感じたり、嘔吐したりすることもある。
310~400 泥酔期。歩行困難になり、点灯すると起き上がれない。意識は混濁し、発言走りt滅裂になる。
410~ 昏睡期。昏睡状態に陥り、失禁する。呼吸麻痺を起こして死亡する可能性も高い。

血中アルコール濃度が致死量以上になると、中枢性の呼吸抑制と低体温による不整脈が出現します。やがて呼吸が抑制されて、ついには呼吸停止となり死に至ります。また、アルコールを摂取すると末梢血管が拡張され、体温が放射されて体が冷え、低体温症となって心臓が停止し死亡することもあります。

 

一方で、致死量以上のアルコールを摂取しても、呼吸抑制と低体温に気をつけて治療をした結果、生還した例も多数あります。つまり、医療機関で早期に適切な治療を受ければ、昏睡状態に陥っても回復する可能性は十分あるというわけです。

 

危ないかな、と思ったら医療機関にすぐに連れていきましょう。

 

お酒の適切な摂取量

お酒の適量には個人差があります。また、同じ人間であっても、その日の体調によって良い方は異なります。厚生労働省がまとめた基準によれば、「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールにして約20g程度であるとされています。この基準を守っていれば、危険な目に合うこともなくお酒を楽しめるというわけです。

 

純アルコール20gはビールに直すと中瓶1本(約500ml)、日本酒に直すと1合(約180ml)、焼酎に直すと0.6合(約110ml)、ワインに直すと約180mlです。これ以上の飲酒は避けましょう。また、週に最低でも2回は休肝日を設けることも、長くお酒を楽しむコツです。


スポンサードリンク