スポンサードリンク

自己血輸血の手順と適応は?正しいマニュアルは?


通常、輸血を行うときは他人の血をまわしてもらうものです。これを同種血輸血といいます。
現在は医療体制が十分に整備されていることもあって、
同種血輸血で問題が起こることはあまりありませんが、全くリスクがないわけではありません。

 

 

具体的にはエイズや肝炎などの感染リスク、輸血後移植片対宿主病(輸血後にリンパ球が増え、受血者の組織を攻撃すること)のリスクなどがあります。

 

 

一方、自己血輸血とはあらかじめとっておいた自身の血液を後で輸血する方法です。
自分の血を戻すというやり方であるため、感染症などのリスクがありません。
すべての手術で自己血輸血が適用できるわけではありませんが、
どちらを選んでもいいという状態になったら、自己血輸血を選んだ方がリスクは少なくなるでしょう。

スポンサードリンク

自己血輸血3つのやり方
自己血輸血には3つの方法があります。起釈法、回収法、貯血法です。

 

 

稀釈法
手術開始後、いったん1000ml程度の採血を行います。
その後輸液を行っていったん血液を薄めて、手術終了時に血液を戻します。

 

 

手術前に採血が必要なく、新鮮な血を戻すことが出来るため安全性は非常に高いです。
一方、採血は1回しか行われないため、とれる血の量に限界があります。

 

 

回収法
手術中、あるいは手術後に出血した血液をまとめて戻る方法です。
手術中の出血を吸引回収してから必要ないものを取り除き、赤血球だけを戻す術中回収法と、
手術後に出血した血液をフィルターで戻す術後回収法があります。

 

 

心臓手術などの大量出血する手術や、手術後にだけ出血する手術には有効です。一方、がん細胞が全体に広がってしまう可能性があるため、がん手術には使用できません。

 

 

貯血法
事前に何度か採血を行っておいて、その後手術中や手術後に輸血する方法です。
採血した血液は冷蔵、もしくは冷凍保存しておきます。

 

 

そのまま冷蔵保存する場合は特別な装置を必要としませんが、
赤血球を分離させて保存する場合は特定の装置が必要になるため、すべての病院で行えるものではありません。

 

 

また、細菌に感染している人や、発熱のある人は採血できないことがあります。

 

 

自己血手術は多くの整形外科手術心臓外科手術などで対象となります。
また、泌尿器科や呼吸器科などでも取り組みが進んでおり、その対象は年々拡大しています。

 

 

同種血輸血よりも安全性が高く、メリットも大きい方法ですので、
まずは医療機関にご相談ください。術前貯血に関するマニュアルなどがもらえるはずです。


スポンサードリンク
2014年11月12日 コメントは受け付けていません。 全身の病気