スポンサードリンク

肝機能数値を改善するには?


肝臓は沈黙の臓器という呼び名の通り、何らかの異常があってもなかなか症状が出ない器官です。そのため、気が付いた時には特に手遅れということになりがちです。
しかし、幸い近年は検査技術の発展により、肝臓の病気を初期段階で見つけることは難しくなくなりました。1年に1度の健康診断で異常を指摘された場合は、すぐに改善に取り組みましょう。

 

 

GOT(AST)とGPT

GOTはグルタメート・オキサロアセテート・トランスアミナーゼの略で、最近はAST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの略)も使われています。GPTはグルタメート・ピルベート・トランスアミナーゼの略で、ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)も使用されています。

 

 

どちらも肝細胞に多く含まれる酵素の一種です。
肝細胞が傷害されると血中に出てくるため、肝炎にかかると数値が増加します。

 

 

GOTの正常値は10~40/L、GPTの正常値は5~40/Lです。
GOTが赤いときはウイルス性肝炎、肝臓がん、アルコール性肝炎、脂肪肝などの疑いがあります。GPTが高いときは肝硬変、肝臓がん、アルコール性肝炎などの疑いがあります。

 

 

γ-GDP

ガンマ-グルタミル・トランスペプチダーゼの略で、肝・腎・膵(すい)臓などに存在する酵素です。たんぱく質を分解・合成する働きを働きをしています。
他の酵素と比べると反応が早いため、肝臓の病気の初期段階ではγ-GTPのみが異常値を示すこともままあります。

 

 

一般的にお酒を飲む人、特に毎日飲む人はγ-GTPが高くなりがちです。
検査に引っかかった場合は数日間禁酒をしてからもう一度検査をします。
それでも数値が高い場合は肝臓やすい臓が傷害されている可能性が大です。

 

 

正常値は男性が~50/L、女性が30/Lです。

 

 

数値が高い場合はアルコール性肝障害、薬物性肝障害、脂肪肝、胆管がんなどの可能性があります。

 

 

総ビリルビン

赤血球のヘモグロビンは代謝により脂溶性の間接(非抱合型)ビリルビンとなり、さらに肝臓で水溶性の直接(抱合型)ビリルビンになります。
この二つのビリルビンを合わせて総ビリルビンと呼びます。
ビリルビンは血中に含まれている黄色い色素です。そのため、横断になると総ビリルビンは増えます。

 

 

正常値は0.2~1.2mg/dlです。

 

 

結成総蛋白・アルブミンたんぱく分画

血液中のたんぱく質の大半はアルブミンとグロブリンが占めています。
アルブミンは肝臓で作られます。
グロブリンには肝臓で作られるものとリンパ球や形質細胞で作られるものがあります。

 

 

総蛋白の正常値は6.5~8.2g/dl、アルブミンの正常値は3.9~4.9g/dlです。


スポンサードリンク
2015年6月2日 コメントは受け付けていません。 全身の病気