スポンサードリンク

男性と女性の性器ヘルペス(画像付)。自然治癒することはあるのか?


性器ヘルペスは、性行為やキスなどで感染する性感染症の一種です。
男性も女性も注意が必要な病気です。

スポンサードリンク

男性の性器ヘルペス

 

感染源
ありとあらゆるセックスで感染します。
性器ヘルペスでなくても、口唇ヘルペスがある際にオーラルセックスをすると性器ヘルペスに感染する場合があります。

 

逆に、性器ヘルペスから口唇ヘルペスになることもあります。
症状
性行為から2~10日程度の潜伏期を経て、症状が現れます。
外陰部に痛みを伴う水ぶくれ潰瘍などが出来ます。
痛みやかゆみなどの前触れがある人もいます。

 

 

水ぶくれにかゆみが伴うため、帯状疱疹などと勘違いすることがあるようですが、こちらは全身でなく外陰部に症状が集中するのが特徴です。

 

 

治療
抗単純ヘルペスウイルス薬などを服用することによって、
症状を抑えることが出来ます。薬の内服は5日~10日程度で終わりますが、その後もヘルペスウイルスは体内に残留します。このウイルスを排除することはできません。

 

セックスやストレスなど、様々な刺激により、ヘルペスが再発することがあります。

 

 

女性の性器ヘルペス

症状
性行為から2~7日の潜伏期を経て、症状が現れます。
外陰部の痛み排尿時の痛みのほか、潰瘍ができることもあります。
また、発熱や頭痛を伴うことが多いのも特徴です。

 

 

治療
単純ヘルペスウイルスに有効な薬剤を服用することにより、
症状を抑えることが出来ます。

 

 

性器ヘルペスの再発
性器ヘルペスは1度感染してしまうと、
治療によって治ったとしても、体内にウイルスが潜伏します。薬の内服は5日~10日程度で終わりますが、その後もヘルペスウイルスは体内に残留します。このウイルスを排除することはできません。

 

セックスやストレスなど、様々な刺激により、ヘルペスが再発することがあります。

 

 

体が弱ってきたときや月経前などになると再発しやすく、場合によっては年6回以上の再発を繰り返すこともあります。再発時は初感染時よりも症状自体は軽いのですが、
再発を繰り返すこと自体が精神的なストレスになるので注意が必要です。

 

ヘルペス関連記事の一覧

ヘルペス性口内炎とは
男女の性器ヘルペスの違い
口唇ヘルペスの時に使いたい薬

 

男性の場合も女性の場合も適切な治療をすれば治ることはありますが、
治ったことを確認するためにパートナーと検査を受ける必要があります。
また、当然の話ですが、治ったことが確認できるまで性交渉は控える必要があります。

 

 

ヘルペス抗体保有率
日本人のヘルペス抗体保有率は20代で約30%、30代で約40%、40代で約50%と、
年齢が上がるにしたがって増えていきます。ヘルペス抗体保有者は知らないうちに感染し、
知らないうちに治ってしまうため、二度と感染しません。

 

 

性交渉が盛んな若い人ほどヘルペス抗体保有率が低いので、
基本的には性器ヘルペスは若い人の病気といえます。
もちろん、中高年ならば絶対にかからないというわけではありません。

 

 

性器ヘルペスの告白をするには
性器ヘルペスであることをパートナーに告げることは勇気がいることだと思います。
性器ヘルペスを告白する際には、不明瞭な話し方をせず、
その時点でわかっていることをなるべく多くパートナーに伝えるようにしましょう。

 

 

最初は受け入れてもらえないかもしれませんが、
パートナーがどんな反応をしたとしても、
それを受け入れてください。
もしあなたがどんなに頑張って、誠意をもって伝えても、
パートナーが受け入れられないという場合は、
二人の関係に終わりが近づいているのかもしれません。

 

 

性器ヘルペスの告白を受けたら
性器ヘルペスであることを告白されたら、それを受け入れてあげてください。

 

 

性器ヘルペスであることを正直に打ち明けてくれたパートナーは信頼できる人間です。
性器ヘルペスは正しい知識を持っていれば、それほど怖がる必要はありません。
性器ヘルペスに対する偏見を捨てて、どんな病気であるのか知ろうとする姿勢を持つことが大事です。


スポンサードリンク

コメントを残す