スポンサードリンク

湿疹(皮膚炎)の種類一覧。原因はダニやストレス、かゆみなしの場合も


かゆみがある発疹を総称して湿疹(皮膚炎)といいます。
湿疹の原因や症状は様々なので、病状に応じた対処が必要になります。

スポンサードリンク

種類
湿疹の種類は大きく分けて以下の5通りです。

 

 

1.接触性皮膚炎
いわゆる「かぶれ」です。接触した部分とそうでない部分の境界がはっきりしているのが特徴です。
かゆみや痛みを伴うことが多いですが、かゆみなどがない場合もあります。

 

 

原因は人それぞれで、植物や金属、化粧品、ゴム、シャンプー、
ストレスなど多岐にわたっています。

 

 

治療はまず原因を特定するところから始まります。
原因が分かったら、それを取り除いていけば症状は軽減されます。
症状が重い場合にはステロイドなどの塗り薬も有効です。
医師や薬剤師と相談しながら、治療を進めましょう。

 

 

2.内因性湿疹
主に原因が自分の体にある湿疹です。
乳幼児から大人まで広くかかる病気で、
歳が低いほどじゅくじゅくした湿ったものに、
大人になるほど乾いた湿疹が出るのが特徴です。

 

 

原因は本人の体質によるものが大きいです。
アレルギーを引き起こす原因は食べ物やハウスダスト、
ダニやカビ、花粉や化学物質などです。

 

 

治療はまず原因特定するところから始めます。
原因が特定したら、その原因となった食べ物や物質を徹底的に排除します。
肌は常に清潔に保ち、保湿に気を配ります。
また、場合によっては医師の指導の下でステロイド剤を利用することもあります。

 

 

3.皮脂欠乏性湿疹
皮膚が本来持つ防衛機能が損なわれて、角質がはがれている状態です。
皮膚の表面がガサガサし、硬くなります。

 

 

かゆみはそれほど強くはありあませんが、皮膚が黄色味を帯び、
表面は粉を振りかけたようになります。

 

 

乾燥した皮膚が一部赤くなって、落屑(らくせつ)が見られることもあります。
感想すると症状が重くなるため、秋から冬にかけてかゆみがまし、
春になると自然に治っていきます。

 

 

 

原因はアレルギー体質などの内的要因と、
化学物質や空気の乾燥などの外的要因に分けられます。

 

 

治療ではまずは空気の乾燥を避けるようにします。
洗い物の際には、ゴム手袋をすると水分が手から離れて行かないのでお勧めです。
また、加湿器を使うなどの対策も必要です。

 

 

それに加えて保湿剤などが処方されます。
詳しい治療方針は医師と話し合って決めましょう。

 

 

4.脂漏性湿疹
皮脂が過剰に分泌されることによっておこる湿疹です。

 

 

赤ちゃんは特に皮脂が多いため、定期的なケアが必要です。
大人の場合は男性に多く見られる病気ですが、女性の患者数も少なくありません。

 

 

治療はまずは脂肪分を取ることを控えるところから始まります。
それでも治らない、慢性化しているという場合には、医師と相談して治療方針を決めましょう。
治療には炎症を抑えるためのステロイド外用薬と、
脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチアというカビの増殖を抑えるための抗真菌薬が投与されます。

 

 

5.ビダール苔癬

神経皮膚炎とも呼ばれる病気です。強いかゆみをともなうのが特徴です。
丘疹同士が次第にくっつき、盛り上がった紅斑になります。

 

 

女性に比較的多い病気ですが、男性にも見られます。

 

 

原因はいまだ解明されていない部分も多いのですが、
ネックレスなどの金属類、紫外線、ストレスなどが元で起こるといわれています。

 

 

治療に当たってはまずは原因となっている物質を特定します。
特定できたらその物質をできる限り排除します。

 

 

また、血行が促進されるとかゆみが出ることが多いため、
暑いお風呂に入らない、運動を避けるなど体がほてりにくい状態を維持することも大切です。

 

 

心構え
湿疹で一番大事なのが「かきむしらないこと」です。
とはいえ、あれだけのかゆみを我慢しろというのも難しい話。
そこで活用したいのが医師から処方されるかゆみ止めです。

 

 

適切に服用して症状を和らげて治療に臨んでください。

 

また、湿疹になりやすい人はシックハウス症候群にも合わせて気をつけましょう。 膠原病の可能性も高まりますので、普段からお肌のケアを欠かさないことが大切です。


スポンサードリンク

コメントを残す