スポンサードリンク

日本のエボラ出血熱の感染者は?初期症状が出た場合の薬とワクチン


最近、テレビでエボラ出血熱の話題をよく目にします。
日本人にとっては今のところ対岸の火事ですが、
今後日本に誰かが持ち込まないとも限りません。

 

 

今のうちからエボラ出血熱について学んでおくことは、
決して無駄にはならないでしょう。

スポンサードリンク

エボラ出血熱はエボラウイルスによって引き起こされる感染症のことです。
スーダン、ガボンなどのアフリカではよく見られる病気ですが、
日本にはありません。

 

 

症状
感染すると数日から数週間程度の潜伏期間を経て発症します。
急激な発熱とともに筋肉痛頭痛などの初期症状が現れ、次第に出血するようになります。
死亡率は50%~90%と極めて高く、非常に危険な病気です。

 

 

今のところアフリカ以外での自然感染例はありません。
また、自然界から人への感染経路は不明ですが、
チンパンジーから人に感染したと思われる症例があります。

 

 

人から人にうつることもありますが、
その大半はエボラ出血熱患者の治療に当たった医療関係者です。
空気感染はないとされていますが、飛まつ感染の可能性があります。
その他、輸血などによっても発症します。
人から人への感染拡大を防ぐには、手袋やマスクの着用が必須です。

 

 

診療
迅速診断としてはウイルスゲノムをRT-PCR 法等で検出するのが一般的です。そのほか、血中抗原や抗体をELISA 法で検出することもあります。
前者は後者よりも1日早い診断が可能です。

 

 

治療
今のところ有効なワクチンや治療薬は開発されていませんので、対処療法が中心となります。
いったん抗体が検出されれば急速に回復に向かうことがほとんどですが、
前述の通り死亡率は50~90%と高いので、予断を許しません。

 

 

日本におけるエボラ出血熱
日本にはエボラ出血熱がありませんが、
ワクチンや薬の開発は積極的に行われています。

 

 

現時点でエボラ出血熱に対する効果が期待できる予防法・治療薬は、
富士フィルムホールディングス傘下の製薬会社、富士化学工業が開発した薬「アビガン」など、計10種類です。

 

 

アビガンはもともと新型インフルエンザの薬ですが、
インフルエンザと特徴が似ているエボラ出血熱にも効果があると期待されています。
海外のマウス実験ではエボラ出血熱に対しても効果が確認されており、
同社は今後対エボラ出血熱の薬として認可されることを目標にしています。

 

 

アフリカでは「エボラ出血熱には塩水が効果的」などの迷信も飛び交っており、
それが原因で死亡するケースもあります。
最近はSNSで間違った予防法が拡散されやすく、
その中には有害なものも多いことから、WHOは対策を検討しています。


スポンサードリンク
2014年9月17日 コメントは受け付けていません。 全身の病気