スポンサードリンク

慢性疲労症候群をチェック!障害年金はもらえる?


慢性疲労症候群という病気があります。原因不明、激しい全身倦怠感、疲労感が急激に起こり、その他の多彩な症状を伴うという恐ろしい病気です。肉体のみならず精神にも大きな影響を与え、鬱の引き金となることもあります。まだまだ研究が必要と言われている病気であり、難治性の経過を取ることがしばしばです。

スポンサードリンク

慢性疲労症候群という病気が知られるようになったのはつい最近のことです。アメリカでは1980年代の中盤から、「だるさ、疲労感、倦怠感」を主な症状とする病気が注目されるようになりました。かつてはこのような状態は様々な病名で呼ばれていましたが、症状の中心が慢性疲労であることからこのような名前が付けられました。そのため、慢性疲労という症状を「新しいボトルに入った古いワイン」という人もいます。日本でもでも91年に厚生省(現・厚生労働省)に慢性疲労症候群に関する研究班が作られ、そこで研究が行われています。

 

 

慢性疲労症候群は原因不明の病気です。膠原病の診断に有用な抗核抗体が陽性となることが多いものの、その他の一般的な検査で異常が見られることはありません。この病気に特異的な身体所見や臨床検査成績はいまのところ見つかっていません。そのため、症状の内容や診断結果もあいまいになりやすく、それが診断を一層困難なものにしています。

 

 

それでも一応厚生省の研究班は診断基準をまとめています。その基準によれば、慢性疲労症候群と認められるためには、まず大基準2項目を満たすことが必要です。すなわち6カ月以上続く激しい「だるさ」です。もう1つがほかに病気をもっている場合で、慢性疲労症候群とは診断せず、その病気をさきに治す必要があります。

 

 

小基準は自覚症状と医師が認める診察所見があります。自覚症状は全部で11種類で、咽頭痛、微熱、筋肉痛などが主症状です。また、患者の多くに鬱状態や思考力の低下、集中力の低下、睡眠障害などの精神症状が見られます。

 

 

原因は不明です。これまでにウイルス感染、免疫異常、内分泌・代謝異常、心身症的要因などが原因として挙げられてきましたが、どれも決定的なものではありません。感染者数は人口全体の0.3%と言われており、決してマイナーな病気ではありません。若い女性に多く見られますが、どの年齢層にも見られます。

 

 

原因が不明なため、治療方法もまだ確立されていません。対処療法が主体となっており、認知行動療法などが行われることがありますが、難治性の経過をとることが多いです。場合によっては障害年金が受給できる可能性がありますが、障害者手帳の取得は難しいと考えられています。


スポンサードリンク
2015年11月7日 コメントは受け付けていません。 全身の病気