スポンサードリンク

急性心筋梗塞の原因とは。前兆は歯痛とむくみ、背中の血圧と心電図


心筋梗塞は日本ではとてもメジャーな病気です。
心筋梗塞の患者数は年間15万人ほどで、そのうち約30%の方が死亡しています。
しかし、心筋梗塞が発生するメカニズムをきちんと知り、
予防に努めれば過剰に恐れる必要はありません。

 

 

正しい知識をもとに、正しく心筋梗塞を恐れ、正しく予防しましょう。

スポンサードリンク

心筋梗塞は冠動脈の動脈硬化が進み、
血管の内腔が狭くなって完全にふさがってしまう病気です。
動脈硬化は年齢とともに進んでいきますが、
これが過剰に進むと血液の流れを遮ってしまいます。
血液の流れが悪くなった状態を「心筋虚血」といいます。

 

 

心筋虚血状態に陥ると胸の痛みを感じるようになりますが、
多くの場合症状は一時的に消えてしまいます。
このような一時的に消えるものを狭心症と呼びます。
狭心症時は血管は狭くなっていますが、
一応血液は流れています。

 

 

しかし、動脈硬化がさらに進むと血管内に血栓ができ、
血流が完全に途絶えてしまいます。この状態を心筋梗塞といいます。

 

 

症状
心筋梗塞の症状は激しい胸の痛み、締め付けられるような感覚、
冷や汗、呼吸困難などです。強い恐怖や不安感を覚え、
恐慌状態に陥ることもあります。

 

 

また、心筋梗塞経験者の約半数は前兆を感じます
主な前兆は歯の痛みや下あごの痛み、
背中の痛み、みぞおちの痛み、
一時的な呼吸困難や息切れ、むくみなどです。

 

 

診断
心筋梗塞ではよく心電図が検査に使われます。
急性期の心筋梗塞は特徴的な心電図を示します。
また、血液検査では信金が破壊されたときに出る酵素(CPK,MB-CPK)を調べます。

 

 

原因
冠動脈硬化の危険因子には以下のようなものがあります。
1.高血圧
2.高コレステロール
3.糖尿病
4.加齢
5.家族歴
6.高尿酸血症
7.喫煙
8.肥満
9.ストレスや性格
10.男性

 

 

これらの原因が複雑に絡み合って発症します。
危険因子を多数持っている場合は、自覚症状がなくても定期的な診断を受けることが重要です。

 

 

治療
死亡率は約30%ですが、そのほとんどが発症後数時間以内になくなっています。
死亡の直接的な原因は心室細動です。

 

 

心室細動から数分以内で救急蘇生法を受けた場合は死亡率が下がります。
心肺停止から1分以内の場合の蘇生率は97%、5分経過した場合は25%です。
一刻も早い治療が大切です。救急車を待っている時間はないので、
AEDを使いましょう。

 

 

治療には薬物療法や冠動脈形成術(PTCA)などがあります。
冠動脈形成術(PTCA)は血管内に風船を通し、動脈を拡張する治療法です。

 

 

予防
危険因子を取り除くことがそのまま予防につながります。
喫煙者の場合は禁煙し、肥満の場合は無理のない範囲でダイエットするなどして、
危険因子を減らしていきましょう。


スポンサードリンク
2014年8月21日 コメントは受け付けていません。 全身の病気