スポンサードリンク

帯状疱疹の初期症状は首がかゆいなど。ストレスや高齢が原因となることも


帯状疱疹は皮膚に明らかな症状が出る分かりやすい病気です。
顔のかゆみや麻痺などの症状が出た時は、迷わず皮膚科を受診しましょう。

スポンサードリンク

帯状疱疹は体に侵入した水痘帯状疱疹ウィルスが、再び活性化して起こる病気です。
水痘とはいわゆる水ぼうそうのことです。
水ぼうそうでは赤い発疹が全身に出て、治るまでに1週間程度かかります。

 

 

1度感染すると免疫ができるため再度かかることはありませんが、
水痘帯状疱疹ウィルスは回復後も体内に滞留します。これが再活性化すると、帯状疱疹が現れます。

 

 

症状
初期症状、というか症状の前触れとして、神経痛のような痛みやかゆみが出ます。
それから数日後、その痛みやかゆみのあった場所に沿って発疹が出来ます。
発疹が出る場所は顔、首、頬、外陰部など様々です。

 

 

発疹は数週間後、かさぶたになります。
高齢者や糖尿病患者などの体力がない人は再び発症することもありますが、
通常は1度かかってしまえばそれで終わりです。

 

 

原因
帯状疱疹の主な原因はストレスや疲労です。
体がストレスや疲労で弱っていると、体の免疫力が低下し、
水痘帯状疱疹ウィルスが再び活性化し、発疹が現れます。

 

 

特に子供や高齢者は体力がなく、
ちょっとしたストレスで発症するため注意が必要です。

 

 

画像
文字での説明だけではわかりにくいという方のために、画像リンクを張っておきます。
ちょっと痛々しい画像もありますので、閲覧の際は注意してください。

 

 

YAHOO!画像検索 帯状疱疹 子供

 

 

治療
アシクロビル、ARA-Aなどの抗ウイルス薬を使います。また、痛みを取るために非ステロイド薬や消炎鎮痛薬などを使います。
痛みがひどいときには神経に麻酔を注入する神経ブロックを使います。

 

 

最初は症状が軽くても、
時が経つにつれて悪化することもありますから、
なるべく早く病院を訪れて診察を受ける必要があります。

 

 

日常生活ではなるべく安静にし、
皮膚をかきむしらないように我慢してください。

 

 

帯状疱疹後神経痛
帯状疱疹自体の症状が消えても、神経痛のような痛みが残ることがあります。
このような症状が3か月以上続く場合は、
帯状疱疹後神経痛という病気に該当することになります。

 

 

帯状疱疹後神経痛は特に高齢者に多く見られる病気です。
高齢者が多いため痛みによってもともと狭かった行動範囲がさらに狭くなり、意欲の低下や精神的なストレス、
筋力の低下といったほかの問題が出てくることがあります。

 

 

治療には抗うつ薬、神経ブロック、レーザー治療などがありますが、いずれも根本から病気を治療するものではなく、
症状が長引きやすいこともあり、
患者にとっては辛い病気です。

 

 

動かないでいると痛みに敏感になりますので、
できる範囲で何らかの行動をした方がいいでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す