スポンサードリンク

小児糖尿病の初期症状と原因は?寿命はどれくらい?


子供がかかる糖尿病を小児糖尿病といいます。
子供がいきなりトイレが近くなったり、おねしょが始まったり、
疲労感を訴えたりするようになったら要注意です。

 

 

症状は急に現れるのでわかりやすいですが、
小さな子供などはもともとトイレが近いので気付けないかもしれません。
なんにせよ異常が感じられたときは、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

糖尿病の種類
糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。
本来小児糖尿病は1型糖尿病のことを指していましたが、
最近は2型糖尿病になる子供も増えています。

 

 

1型糖尿病とは先天的な要因による糖尿病です。
自己免疫を起こしやすい子供は、
ウイルス感染など何らかの原因により体内でインスリンを作れなくなります。

 

 

インスリンは血糖値を下げる働きをするほぼ唯一のホルモンであり、
インスリンが正常に分泌されなくなると、高血糖な状態が続きます。

 

 

2型糖尿病はいわゆる皆さんがイメージされるであろう糖尿病です。
2型日常生活の習慣が原因で起こる糖尿病であり、
本来は大人がなる病気だったのですが、
最近は中高生の段階で糖尿病になる人も増えています。

 

 

過剰なエネルギー摂取と運動不足を続けていると、
エネルギーの収支バランスが崩れ、インスリンの分泌が妨げられます。

 

 

症状
糖尿病の初期症状として見られるのが尿量の増加です。
特に子供の場合はおねしょが再発することもあります。

 

 

また、元気がなくなったり、疲労感を訴えることもあります。
食欲はいつもと同じかそれ以上にあるにもかかわらず、
急激な減量が見られることもあります。

 

 

これらの症状が現れた時は、糖尿病を疑いましょう。
糖尿病は治療が早ければ早いほど症状が抑えられます。
ダラダラと先延ばしにせず、すぐに病院に行きましょう。

 

 

治療
1型糖尿病の場合はインスリン注射を行います。
注射は自分で行う必要がありますが、
自分でできない場合は保護者の方が代わりに行います。

 

 

これに平行して食事療法や運動療法を行います。
インスリンが過剰になり、低血糖状態に陥ることもあるため、
食事と運動のバランスを取ることが大事です。

 

 

2型糖尿病の場合は食事療法と運動療法がメインです。
食事は摂取エネルギーを制限するだけではなく、
3食バランス良く摂る必要があります。

 

 

運動は適度な負荷がかかるジョギングなどがお勧めです。

 

 

予防
2型糖尿病は食事療法や運動で防ぐことが出来ます。
小児の肥満は大病の元なので、
太らせすぎないようにしましょう。

 

 

子供が大の運動嫌いという場合は、
まずは親が楽しそうに運動している姿を見せることが効果的です。


スポンサードリンク
2014年9月5日 コメントは受け付けていません。 全身の病気