スポンサードリンク

女性と男性の貧血にはめまいや癌が関連?眠い寒いなどの症状を改善するには


貧血は特に女性に多く見られる症状ですが、
男性でも貧血になる人はなります。性別に関係なく、
正しい知識を身に付けて予防や治療改善努めましょう。

スポンサードリンク

貧血とは、赤血球数もしくはヘモグロビン濃度が通常より低下している状態のことを言います。
通常はヘモグロビン濃度で貧血を規定しています。
男性の場合は13~17g/dl、女性の場合は12~15g/dlが正常値であり、これ以下の場合は貧血と考えます。

 

 

貧血の原因と症状
鉄分が不足すると貧血になります。これを鉄欠乏性貧血といいます。
血液を作るのに必要な鉄分量は男性で約1mg、月経中の女性は2mgです。
女性の方が必要な鉄の量が多いため、女性は貧血にかかりやすいのです。

 

 

一方、男性の場合は鉄欠乏性貧血の患者数は少ないのですが、
重大な病気のシグナルの一つとして貧血の症状が現れることがあります。

 

 

大腸がん胃がん、十二指腸潰瘍などが原因で、
貧血の症状が現れることがあります。
男性で貧血の症状が続く場合は、一度大きな病院で精密検査を受けたほうがいいかもしれません。

 

 

貧血と併発しやすい症状
貧血と一緒に現れやすい症状には以下のようなものがあります。

 

 

めまい
めまいと言ってもその種類は様々ですが、貧血に依るめまいの場合はいわゆる「立ちくらみ」が起こることが多いです。

 

 

めまいが発生した場合は転倒を防ぐために、あわてて動かずにゆっくりその場に座るかしゃがむかしましょう。何か捕まるもの(手すりなど)がある場合にはそれをつかんでください。

 

 

しばらくすると症状は消えるかと思いますが、
その場合もすぐに立ち上がってはいけません。しばらく様子を見ながら、
ゆっくりと立ち上がってください。

 

 

眠気
貧血が原因で眠気を感じる方は少なくありません。
一日中うとうとが続く場合には、食生活を見直しましょう。

 

 

特に動物性の食品が少ない人は貧血になりやすいので、レバーや肉などの動物性たんぱく質を十分にとるようにしましょう。

 

 

寒気
貧血が原因で寒気を感じることがあります。
対処療法的な考え方をすれば、暖を取るためのカイロや毛布を準備することも大切ですが、
それ以上に大切なのは貧血の症状を根本からなくすことです。

 

 

ヘモグロビンを増やすには、繰り返しになりますが鉄分の摂取が必要です。
鉄を撮れていないと感じている場合には、ホウレンソウ、レバーなどを意識してとるようにしましょう。

 

 

貧血になりやすい人
貧血になりやすい人は虚弱体質の人が多いといわれています。
色白で細身で小柄、運動が苦手で食が細い……このような自覚がある人は、まずは体質改善から始めましょう。

 

 

まずは運動についてです。運動が苦手な人がいきなりきつい運動に取り組むのは危険ですし、
長続きしません。まずはウォーキングなどの軽い運動から始めましょう。

 

 

体形はどうしようもありませんが、無理のない程度である程度の死亡をつけたほうがいいでしょう。

 

 

周りに貧血の人がいたら
電車内などで具合が悪そうな人を見かけたら、
できる範囲で声をかけてあげるようにしましょう。
場合によっては車掌を呼ぶなどの配慮も必要です。

 

 

ただし、現実にはこれらはなかなか難しい話です。
下手に人を助けようとして邪険にされたら、それはとても悲しいことです。

 

 

そういった場合は黙って席を譲るなどするにとどめましょう。

 

貧血の正しい食事法について
こちらをご覧ください。


スポンサードリンク

コメントを残す