スポンサードリンク

失語症とはどんな病気?コミュニケーションの方法は?


語症とは、言語中秋が傷害されることによって、話したり、聞いたり、読んだり、書いたりすることができなくなってしまう病気のことです。発生、耳の障害、意識や知能の障害があるわけではなく、あくまでも話せなくなってしまうのが特徴です。

スポンサードリンク

言語中枢は多くの場合左半球にありますので、左側の脳卒中が起きると失語症になりやすいです。生まれつき左利きの人の一部は、右半球に言語中枢があります。失語症と一口に言ってもいろいろなタイプのものがあり、その中でも運動性失語、感覚性失語、全室語が代表的です。

 

運動性失語はブローカ型失語も呼ばれる失語症で、他人が何を言っているか理解することはできるものの、名前を言うことができなくなってしまう病気です。言葉の流暢さも失われてしまい、単語を間違えることもあります。

 

感覚性失語はウェルニッケ失語とも呼ばれる病気で、ウェルニッケ中枢と呼ばれる場所の障害によって起こります。流暢に話すことができるものの、その内容はデタラメで、傍目には何を言っているのかさっぱり理解できません。

 

全失語は両者が合わさったもので、話しかけてもわからず、言葉も発しません。

 

失語症の原因

失語症の原因はいろいろありますが、中でも多数を占めているのが脳卒中です。脳卒中とは正式には脳血管障害と言う名で呼ばれる病気で、複数の病気の総称です。脳の血管に何らかの障害が起こることによって発病する病気をまとめて脳卒中といいます。前述のとおり多くの人は言語中枢が左半球にあるため、左側の脳卒中が起きると失語症が発生しやすいとされています。

 

そのほか、脳腫瘍や頭部の外傷なども失語症を引き起こすことがあります。

 

失語症の改善方法

失語症は正しい手続きを踏めば、ある程度改善することができます。治療内容は症状によって異なりますが、基本的には言語療法士の力を借りながら進めていくことになります。言語療法士は何らかの原因で言語障害や難聴、失語、言語発達遅滞など言語・聴覚の障害をもつ人に対し、専門的な訓練・指導を行う資格のことです。

 

治療の目的は言葉を回復させ、コミュニケーションが取れるようにすることです。会話のキャッチボールができるようになればいいでしょう。

 

失語症と失声症

失声症とは、主にストレスや心的外傷から声が出せなくなってしまう病気のことです。声が出なくなるという点では失語症に似ていますが、その原因は全く異なるものです。


スポンサードリンク
2016年8月30日 コメントは受け付けていません。 全身の病気