スポンサードリンク

多発性末梢神経障害と糖尿病の関係は?症状に気が付いたらどうする


末梢神経に発生する障害を末梢神経障害といいます。
末梢神経は神経系の中でも中枢神経の先にあるものであり、脳や脊髄から出る信号を末端に伝達する役割を果たしています。末梢神経障害は個々に何らかの障害が起きた状態です。

スポンサードリンク

末梢神経にはさらに脳神経と脊髄神経があります。
これらの神経には運動神経感覚神経自律神経が混在しており、
ネット網のように体の隅々にまで張り巡らされています。

 

 

どの神経に障害が生じたかによって、発生する症状も異なります。

 

 

運動神経に障害が発生した場合、筋肉が委縮して運動能力が落ちます。
特に足の裏は障害が発生しやすく、一度しゃがむと立ち上がれなくなることもあります。

 

 

感覚神経に障害が発生した場合は両手足にしびれを感じるようになります。
体のバランスが崩れ、熱い・冷たいといった感覚が鈍り、
やけどやけがにつながることもあります。

 

 

自律神経が障害された場合は急に立ち上がったときに血圧が急低下する、
いわゆる起立性低血圧になることがあります。
また、便秘や下痢を繰り返したり、EDになったりすることもあります。

 

 

また、末梢神経障害には単末梢神経障害多発性末梢神経障害があります。
単末梢神経障害はいずれか一つの神経に障害が起きた状態、
多発性末梢神経障害は複数の神経に障害が起きた状態を言います。

 

 

また、末梢神経障害は糖尿病が原因で起こることがあります。
糖尿病の3台合併症の一つに神経障害があります。

 

 

神経障害は末梢い神経障害と自律神経障害に分けられます。
糖尿病になり高血糖状態が続くようになると、長い神経の末梢部分が障害されます。
つまりは手足の先から障害が発生するわけです。主な症状は上記の通り手足のしびれや感覚の低下などです。

 

 

また、発生頻度は少ないですが脳神経に障害が発生する場合もあります。
物が二重に見えたり、顔の表情の動きが鈍くなったりします。

 

 

その他末梢神経障害の原因として挙げられるのが尿毒症です。
尿毒症とは腎臓の機能が低下したことにより起こる症状の総称です。
要するに末期の腎不全の時に現れるありとあらゆる症状のことです。

 

 

尿毒症になると糖尿病時と同様に末梢神経が犯されます。
その他細菌やウイルスに対する感染、ギランバレー症候群やアレルギー反応、
悪性腫瘍(がん)や遺伝などが原因となることもあります。
自己免疫疾患に伴い血管炎が発生することもあります。

 

 

治療に当たってはまずは原因を突き止めて、その病気を治療します。
糖尿病が原因ならばそれを治療することによって末梢神経障害も緩和されます。
痛みやしびれなどの具体的な症状に対しては対処療法を行います。

 

 

低下した機能を回復させるには、補助具を使用したリハビリテーションが効果的です。
また、神経の働きを良くするビタミンB群の活用も効果的です。

 

 

なお、同じく末梢神経が障害される病気に多発性神経炎があります。
主な症状は末梢神経障害と同じで、手足のしびれ、感覚の低下などです。
症状が左右対称に出てくるのが特徴で、両側の手足の末端に強い症状が出ます。

 

 

原因は感染症、代謝の病気など様々ですが、糖尿病が原因となることが最も多いです。
治療方針は基本的に末梢神経障害と同様です。
原因となる病気を突き止めて、治療を行っていきます。


スポンサードリンク
2014年12月13日 コメントは受け付けていません。 全身の病気