スポンサードリンク

夏風邪の治し方と症状、食事とのどの痛み、子供の高熱は長引く


もうすぐ夏がやってきます。夏に注意したい病気熱中症冷房病などたくさんありますが、夏風邪にも気をつけなければなりません。

スポンサードリンク

通常、風邪のウイルスは低温かつ乾燥した環境を好みます。
一般的に冬に風邪をひきやすいのはこのためです。
代表的なところではコロナウイルス、RSウイルスなどが知られています。

 

 

それに対して夏風邪のウイルスは高温多湿な環境を好みます。
つまり、冬の風邪の原因と夏の風邪は原因は全く別物なのです。

 

 

夏風邪のウイルスの中でも代表的なものがエンテロウイルスです。
エンテロウイルスは別名腸管ウイルスとも呼ばれ、腸管で増殖します。
夏風邪の代表的な症状に腹痛がありますが、
その原因はたいていの場合エンテロウイルスです。

 

 

腸管に侵入したウイルスはなかなか排泄されず長くそこにとどまるため、
夏風邪の症状も長引きがちです。

 

 

また、のどの痛みも夏風邪の代表的な症状です。
夏風邪が長引くと食べ物がのどを通りずらくなり、
栄養が足りなくなり夏バテへとつながります。

 

 

夏風邪は軽い風邪で終わることもある反面、重症化・長期化することも多いので、
軽く考えずにしっかりと対処法を学び、こじらせないように気をつける必要があります。

 

 

夏に気をつける病気は夏風邪だけじゃない!
脱水症状からの熱中病は誰でもなる危険があります
食中毒に要注意、予防の三原則とは
意外と重症化しやすい「夏風邪」の秘密
冷房病の対策グッズを一挙紹介
心臓痙攣の恐怖

 

次に対策についてです。夏風邪かな、と思ったら、まずは病院に行きましょう。
下痢や腹痛がある場合、下痢止めを使う方が多いようですが、
下痢は体内のウイルスを排出する大事なものであり、
無理やり止めるのはよくありません。医者に行き、適切な薬を処方してもらいましょう。

 

 

また、下痢に伴う脱水症状にも気をつけましょう。
冷たい水はなるべく控え、ぬるい物あるいは暖かいものを摂るようにしましょう。

 

 

食事は焼いたものや炒めたもの、揚げたものは避け、
スープやうどん、おかゆなどの消化にやさしいものを摂りましょう。

 

 

喉の痛みがある場合はうがいが効果的です。
喉は乾燥すると抵抗力が弱まりますので、
適度な水分摂取を心がけましょう。

 

 

夜は早く眠り、体力回復に努めましょう。
特に子供は体力がなく、症状が長引きがちなので、
幼稚園や小学校は少し長めに休ませて、
家で様子を見守るようにしましょう。

 

 

また、子供は手足口病にも注意しましょう。
手足口病は夏に流行する夏風邪ウイルスが原因の感染症で、
主に5歳以下の子供がかかります。特に1歳前後の子供がかかりやすいため、該当する年齢のお子さんが要る場合は注意が必要です。

 

 

主な症状は手足口の水疱です。
また、感染者の約3分の1に発熱が見られます。
高熱につながるケースはまれで、
ほとんどの場合は1週間もすれば治ってしまいますが、
稀に髄膜炎、小脳失調症などの症状を引き起こすことがあります。

 

 

予防は通常の風邪と同様に、手洗いやうがいが非常に効果的です。
乳幼児の場合は排泄物の適切な処理も忘れずに行いましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す