スポンサードリンク

冷房病でだるい、のどが痛い、むくみがある場合……対策グッズで対策を


夏になると冷房で部屋の中をキンキンに冷やすことが多いかと思いますが、
余りに冷やしすぎると冷房病を発症する可能性がありますので注意が必要です。

スポンサードリンク

冷房病は医学的には正式名称ではありませんが、
毎年多くの人、特に女性高齢者がかかるメジャーな夏の病気です。

 

 

症状
冷房病では体の冷えのほか、のどの痛み、体のむくみ、胃腸障害、風邪などの症状が現れます。

 

 

原因
冷房病の原因は自律神経の乱れです。
夏はただでさえ体調を崩しやすい時期です。
加えて都市部ではヒートアイランド現象で夜でも暑い状態が続きます。
このような状況下におかれていれば、誰だって自律神経をやられます。

 

 

また、エアコンの効いた部屋から暑い屋外に出ると、
自律神経が乱れます。自律神経が対応できるのは、温度差5℃以内くらいまでで、
それ以上の温度差があると、自律神経が乱れ、体温調節がうまくいかなくなります。

 

 

また、夏は長期休暇を取る時期でもありますから、
どうしても夜更かしや暴飲暴食などの不摂生をしがちです。
こうしたライフサイクルは体に知らず知らずのうちに自律神経に悪影響を与えることにあります。

 

 

ストレスも自律神経に悪影響を与えます。
また、タバコは血管を収縮させて体を冷やしてしまうため、
禁煙も重要な冷房病対策となります。

 

 

冷房病チェック
セルフドクターズネットのウェブサイトでセルフチェックを受けることが出来ます。
質問に答えていくだけで、冷房病のリスクが分かります。

 

 

夏の病気一覧
冷房病とは?
夏風邪対策法
熱中症には水分と塩分
治療
冷房病を緩和するための対処療法と、冷房の影響を受けないための処置を行います。
冷房が強すぎると感じたら、ひざ掛けやスカーフなどで身を守りましょう。

 

 

特に冷気は地面のそばにたまりやすく、スカートで過ごす女性は体を冷やしがちです。
冷気を直接体に当てないようにしてください。

 

夏に気をつける病気は冷房病だけじゃない!
脱水症状からの熱中病は誰でもなる危険があります
食中毒に要注意、予防の三原則とは
意外と重症化しやすい「夏風邪」の秘密
冷房病の対策グッズを一挙紹介
心臓痙攣の恐怖

 

 

また、寝る際には一日中冷房をつけっぱなしにするのは避けてください。
最近のエアコンには付けた時間から一定時間経つと自動できるタイマー機能があります。活用しましょう。

 

 

食事の際には冷たいものばかりではなく、温かいものも取るようにしましょう。
冷たいものを大量にとると自律神経が乱れ、胃の活力が弱まります。

 

 

軽い運動も効果的です。うっすらと汗をかくくらいまで体を動かせば、自律神経が整います。

 

 

なお、ストレスなどにより症状が極端に表れている場合は、
心療内科などでカウンセリングを受ける必要があります。

 

 

冷房病対策グッズ
職場でも使える冷房病対策グッズを紹介します。

 

 

ひざ掛け・レッグウォーマー、ストールなど
肌に直接冷気が触れると、冷房病が悪化します。
冷房が効いている部屋では、薄手のものを何か一枚羽織るようにしましょう。

 

 

湯たんぽ・カイロなど
体の一部を温めるときに効果的です。
最近は従来の鉄を酸化させるタイプだけでなく、
繰り返し使えるUSBタイプのカイロもあります。

 

 

はちみつと温かい牛乳
体を温めるだけでなく、のどを守る効果があります。

 

 

しょうが湯
体を内側から温める効果があります。

 

テレビでも紹介された冷え対策はこちら!

 

心構え
冷房病の人と暑がりの人ではかなり意識に溝があります。
冷房病の人は寒いかもしれませんが、集貝の人は同じ温度でも暑く感じています。
お互いに歩み寄りの姿勢を見せ、温度の妥協点を探ることが大事です。


スポンサードリンク

コメントを残す