スポンサードリンク

中村うさぎ病気スティッフパーソン症候群2014とは。難病指定寿命


中村うさぎさんの病気、スティッフパーソン症候群とはどんな病気なのでしょうか。

スポンサードリンク

スティッフハーソン症候群は、非常にまれな病気です。
はっきりしたデータはないのですが、患者数は一説によれば100万人に1人といわれています。
病気の内容は、筋肉を弛緩させるための神経系統の動作がうまくいかず、
痛みを伴う効果や筋肉のけいれんが起こるというものです。

 

 

体を動かす際には通常、主動筋と拮抗筋が交互に動きます。
主動筋とは筋肉運動の際に主に動く筋肉のことです。
一方、拮抗筋は筋肉運動の際に、運動と反対の方向に動く筋肉です。

 

 

通常はこの筋肉の両方がバランスよく働くため、
力を入れたり抜いたりすることが出来るのですが、
この病気では力を抜くことが出来ないため、
体の筋肉に力が入りっぱなしになり、体がこわばります。

 

 

筋肉に力が入りっぱなしになるため、歩行や日常生活が困難になります。
主に背中や腰、足などに症状が出ます。最悪の場合は肺が動かせなくなり、
呼吸困難から死に至ることもあります。

 

 

詳しい原因は不明ですが、この病気は自己免疫疾患と考えられています。
自己免疫疾患とは、免疫が過剰に働いてしまい、無害で正常な細胞まで破壊してしまう病気です。

 

 

この病気は、男性と女性では女性に多いといわれています。
発症年齢は広く分布していますが、主に40代から50代が多くかかるといわれています。

 

 

中村さんが病気を発症したのは2013年8月。9月15日には心肺停止になったものの、
9月18日に意識を回復しました。

現在はステロイドで顔もだいぶ丸くなってしまったそうです。
もともとは整形を繰り返して元祖美魔女を名乗っていましたが、
その風貌は昔の者からは大きく変わってしまいました。

 

 

一説によれば中村さんは借金癖&浪費癖があり医療費の拠出もままならないとのうわさがあります。病気であるのにもかかわらず無理して仕事をしているのは、
その活動が原因であるとも言われていますが……。

 

 

我々はそのような憂き目に合わないために、
きちんと貯金をしておきましょう。

 

 

ちなみに、根本的な治療方法はまだ定まっていません。
筋肉の力を抜くためにジアゼパム(セルシン)などを使う必要があります。

 

 

また、血漿の交換や免疫吸着といった方法もありますが、
これらの方法はあくまでも対処療法的なものであり、
完治することは少ないのが現状です。

 

 

ただ、治療を受けなければもっと症状が悪化するため、
治療はなるべく早めに受けなければいけません。


スポンサードリンク

コメントを残す