スポンサードリンク

不眠症に漢方や病院の薬は効く?正しいチェックで判断しよう


人間誰しも時々寝つきが悪くなったり、途中で目覚めてしまったりすることはあります。
1日や2日多少眠りの質が悪かったからと言って、
人生に重大な悪影響を与えることはほぼありません。

 

 

しかし、十分に眠れない日々が続き、日常生活にも影響が出るようになるとこれは問題です。
睡眠の質が極端に低くなった場合には、不眠症に対する治療を行うべきです。

スポンサードリンク

寝つきが悪い、夜中目が覚める、寝た気がしないなど、不眠症の症状は多種多様です。
生活に支障が出て、QOLが著しく低下している場合は、治療を行う必要があります。

 

 

不眠症が進行すると仕事に支障をきたしたり、社会生活に影響を与えます。
無理をしていると居眠り運転を起こしたり、心臓病高血圧の原因となることもあるので侮れません。

 

 

不眠の原因をチェック
不眠の原因で最も大きなものは精神的な問題です。
特にこれといった問題がないにもかかわらず、眠りが浅くなったり、眠れなくなったりします。
寝床がいつもと変わったり、ちょっとした心配事があるなど、
細かいことが気になる性格の人は不眠症になりやすいといわれています。

 

 

また、環境が原因となることもあります。
明るすぎる、周囲がうるさい、工事の振動が伝わるなど、
劣悪な環境では人はなかなか眠れないものです。

 

 

精神疾患も不眠の原因の一つです。
統合失調症、気分障害、神経症などは不眠の原因となります。
この場合は不眠症として扱うのではなく、それぞれの病気を治療する必要があります。

 

 

内科的疾患が原因となることもあります。
感染症や高血圧などが不眠症の原因となることもあります。

 

 

治療
漢方や病院から処方されるなどが効果的です。
特に漢方は体を内部から改善する効果があるため、不眠症には効果が高いといわれています。

 

 

ただし、漢方ならどれでもいいというわけではもちろんありません。
症状によって薬を使い分けるなど、きめ細かい配慮が必要になります。

 

 

また、原因となる精神疾患や内科的疾患がある場合は、
それを治療することによって自然と不眠症状も消えていくことが多いです。

 

 

日常生活では
1就寝する時間を常に一定にする
2日中はよく活動し、適度に疲れるようにする
3アルコールやカフェインの摂取は適度に
4熱い風呂に入らない、寝る前にお茶は飲まない

 

 

などに気を付ける必要があります。
睡眠薬の利用も選択肢には入りますが、高齢者の場合は効きすぎることも多いです。
自己判断をせず、医師の指導通りに薬を服用してください。


スポンサードリンク
2014年11月18日 コメントは受け付けていません。 全身の病気