スポンサードリンク

下痢の時の食事とレシピとヨーグルト。食後に腹痛や下痢が続く時の対処法。


下痢の時に注意しなければいけないのが食事内容です。
刺激の強い食事は下痢を悪化させ、激しい痛みに襲われることもあります。
正しい食事法を身に付けて、症状を緩和させましょう。

スポンサードリンク

下痢の際に一番注意しなければいけないのが脱水症状です。
以前の記事でもふれたとおり、下痢になると水分が便から過剰に排出されますので、
脱水症状にかかりやすくなります。失った水分を取り戻す意味でも、
水分補給は大事です。

 

 

また、下痢の時には水分と同時にナトリウムカリウムも失われていきます。
下痢を治すには水分だけでなく、これらの物質も併せてとる必要があります。

 

 

水分は水やお茶よりも、ナトリウムやカリウムが含まれたスポーツドリンクでとることをお勧めします。
また、消化にいいものを取ると、下痢の症状が緩和されます。

 

 

下痢の時に取るべき食べ物
おかゆ、よく煮込んだうどん、豆腐、鶏ささみなどは消化に良く、
下痢の時にはお勧めです。症状がよくなってきたら、
おかゆから多めの水で炊いたやわらかいご飯に切り替えてもいいでしょう。

 

 

また、キャベツやニンジンなどの野菜を軟らかく煮こんで、スープにするのも良いでしょう。
スープは水分補給と栄養補給が同時にできるので、下痢の時にはお勧めです。

 

 

果物ではバナナやリンゴが比較的吸収がよくお勧めです。
特にバナナはやわらかいものを選ぶようにしてください。

 

 

下痢の時に避けたほうがいい食べ物
刺激物は避けましょう。

 

 

鶏ささみ以外の肉類は脂肪が多く消化吸収に悪いので、避けたほうが賢明です。
また、炭酸水やコーヒーなども下痢の時には少し刺激が強いので、避けたほうがいいでしょう。

 

 

お菓子には大量の油が使われていることが多いため、
下痢の時には食べるべきではありません。特にドーナッツなどはもってのほかです。

 

 

野菜は一般的には消化吸収がいいのですが、ゴボウやレンコンなどの食物繊維が豊富なものは、
消化があまりよくないので避けたほうが賢明です。

 

 

下痢とヨーグルトについて
ヨーグルトや牛乳などの乳製品は、下痢に効果的であるという意見がある一方、
体質によっては逆効果の場合があるという意見もあります。

 

 

イイか悪いかはよくわからないので、なるべく避けたほうがいいかもしれません。

 

 

食後の下痢
食後の下痢が続く場合は、過敏性腸症候群の可能性があります。
この病気は命にかかわるようなものではありませんが、
完治が難しく長い間付き合っていかなければならない病気です。

 

 

現在は薬によって日常生活を送ることも可能ですので、
まずは医師の診断を受けましょう。

 

 

水と下痢の関係
海外旅行に行く人の約半数は、現地で下痢を起こすそうです。
その理由は水です。日本人は軟水に慣れているため、
海外の硬水に体質が合わずに下痢を起こしてしまうのだそうです。

 

 

海外に何日分もの水を持っていくことは難しいので、
現地の水に徐々に体を慣らしていく必要があります。
旅行に行くとついついテンションが上がって暴飲暴食しがちですが、
節度ある食事を心がけましょう。

 

 

折角の楽しい旅行が下痢で潰されてしまっては悲しいですよね。
そのようなことがないように、下痢には十分注意する必要があります。
生水は飲まないなど、できる範囲で自己防衛策を摂りましょう。

 

 

下痢の原因は?
下痢の原因、関連する病気などについてこちらでまとめています。


スポンサードリンク

コメントを残す