スポンサードリンク

ホルモンの働きとは?どんな病気から守ってくれるの?


人間の身体は絶えず変化する外部環境に適応し、外敵から身を守るために様々な方向に進化してきました。我々の身体は神経系内分泌系免疫系の3つがそれぞれ相互に働きかけながらバランスを保つことによって体調を調整しています。

 

たとえばの話になりますが、精神的なストレスはホルモンの分泌量を変化させます。ホルモン系の異常は神経系や免疫系にも影響を与えます。ホルモンの適切な分泌は体調を管理するうえで非常に重要といえます。

 

ホルモンとは、内分泌器官(視床下部、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、膵臓、生殖器など)で合成、分泌て、血液を介して体中に巡り、特定の期間で効果を発揮する物質です。体内に存在するホルモンは非常に微妙ですが、これが我々の健康状態を大きく左右しているといっても過言ではありません。

 

現在ホルモンと認められている物質は約50種類存在しており、性ホルモン、ステロイドホルモン、甲状腺ホルモン、カテコールアミン、その他に分類されます。作用はまちまちですが、主に以下の機能を担っています。

 

成長と成熟の調節
ストレスに対する防御
エネルギー代謝の調節
生殖機能の調節

 

我々が生きて行くには多くのエネルギーが必要です。また、緊急時に備えてそのエネルギーの一部を備蓄しておくことも大切です。さらに組織がうまくいくためには血液中の電解質、糖分、脂質などが一定の濃度を保つ必要があります。これらの調整を行うのがホルモンの仕事といえます。

 

ホルモンの病気には

 

分泌量の異常
分泌時期の異常
以上ホルモン分泌
ホルモンの作用の異常
2次的なホルモン異常
その他

 

があります。中でも多いのは分泌量の異常であり、さらに過剰な分泌(機能亢進症)と過少な分泌(機能低下症)に分類できます。たとえば、内分泌組織に腫瘍(良性・悪性問わず)ができると、過剰にホルモンが分泌される場合が多いです。また、バセドウ病のように抗体によって内分泌組織が刺激されても、機能亢進症場がおきます。

 

逆に機能低下症は手術や血管障害、感染などでホルモンの産生が阻害されることによっておこります。先天的に内分泌組織が欠損していることもありますが、例としてはあまり多くありません。

 

ホルモンの病気は多数存在しており、障害があるホルモンの種類によって症状もまちまちです。診断は症状、病歴、所見などから決まります。検査は血液検査や尿検査が一般的に行われます。血液中のホルモン濃度が高い場合は機能亢進症、低い場合は機能低下症が疑われます。


スポンサードリンク
2016年1月12日 コメントは受け付けていません。 全身の病気