スポンサードリンク

シックハウス症候群とは?その原因と症状、アトピーとの関連は?


夢のマイホームが完成し、新たな気持ちとともに生活を始めようと思ったら、
突然子供が体調不良を起こしてしまった・・・。
そんなときはシックハウス症候群を疑った方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

シックハウス症候群は、室内のごく少ない化学物質に体が過剰反応し、
かゆみや疲労感、のどの痛み、集中力の低下、関節痛など様々な症状を引き起こすものです。
ビル居住者にも同様の症状が出ることがあり、これをシックビル症候群といいます。

 

 

新しい住宅はアレルゲンとなるダニやほこりは少ないので安全そうに見えますが、
建材そのものに使われている化学物質が原因となるので、新しい家の方がむしろリスクは高いかもしれません。

 

 

たとえば、壁紙や床材などに使われる接着剤にはホルムアルデヒドが入っています。
ホルムアルデヒドはシックハウス症候群のアレルゲンの代表的な物質です。

 

 

かつての日本住宅は隙間が多く、そうした物質があっても時間とともに外に出てしまいましたが、現代の住宅は非常に高気密なのでなかなか出ていきません。

 

 

もちろん、住宅が高気密なこと自体は悪いことではありません。
隙間風に悩まされることもないですし、冷暖房の効率もぐっと良くなりました。
シックハウス症候群にかかる人はその代償・・という言い方が正しいのかわかりませんが、
ともかく高気密な住宅でシックハウス症候群が起こりやすくなるのは確かです。

 

 

また、家具などから揮発する化学物質や換気不足、日常品から出てくる化学物質(たばこの煙)なども原因となります。

 

 

では、高気密な住宅に住んでいる人が全員シックハウス症候群になるのかというと、もちろんそんなことはありません。同じ家族でも症状が出る人とでない人がいます。

 

 

アレルギーの症状に個人差があるように、化学物質に対する耐性も個人差があります。
化学物質が体内に取り込まれる方法は吸入(空気中の化学物質を吸い込む)、経口(化学物質が入った飲食物を摂取する)、経皮(肌から吸収する)の3つがあります。

 

 

化学物質に対する耐性は食品添加物や環境汚染、心理的な要因と関連があるといわれています。
いずれにせよシックハウス症候群にかかってしまったら、
医師のもとを訪れて適切な治療方針を立てることが大切です。

 

 

治療方法
原因となる物質を特定したら、その物質に極力触れないようにします。
建材に原因がある場合はリフォームを行わなければなりませんが、
新築直後の住宅をリフォームするのは金銭的にも大変です。

 

 

最初の設計段階から、化学物質量が少ない建材を使用するなどの工夫が必要です。
また、朝晩は必ず窓を開放して、換気を積極的に行いましょう。
現代の住宅は高気密なので、閉じたままにしておくとなかなか化学物質が外に出ていきません。


スポンサードリンク
2014年9月15日 コメントは受け付けていません。 全身の病気