スポンサードリンク

インフルエンザ2014夏の症状は?子供と潜伏期間、A型とB型の違いは?


インフルエンザは世界各地で毎年流行する風邪症候群の一つです。
通常の風邪と比べるとその症状は重く、
高熱や関節痛などの症状に悩まされることになります。

 

 

かつてはインフルエンザといえば冬にかかるのが相場でしたが、
最近は夏や秋にインフルエンザがはやることも少なくありません。
インフルエンザはワクチン接種や適切な予防によって、ある程度防ぐことが出来ます。

スポンサードリンク

原因
インフルエンザの原因はインフルエンザウイルスです。
インフルエンザは人から人への感染力が強い病気で、
流行を引き起こすことから流行性感冒とも呼ばれます。

 

 

感染した人のくしゃみ飛沫を吸いこむことによって感染し、
流行の規模によっては学級閉鎖や職場欠勤指導が出ることもあります。

 

 

インフルエンザにはA型B型、C型の3つがあります。
C型が問題となることはほぼないので、A型とB型の違いについて説明します。

 

 

A型インフルエンザは数十年に1度の割合で世界的な流行を繰り返す、
最も危険なインフルエンザです。人から人への感染力も高く、
世界的な流行に至らないまでも、局所的な流行がおこることはしばしばあります。

 

 

A型インフルエンザは症状も重く、
場合によっては死亡することがあります。

 

 

B型インフルエンザは流行規模は小さいですが、
やはり感染すると死亡することがあります。

 

 

症状
主な症状は風邪と似ていますが、風邪と比べると重症化しやすい傾向があります。
全身症状が強く、1日~3日程度の潜伏期間を経たうえで、
寒気やだるさ、発熱などが急に現れます。

 

 

その他、くしゃみ、吐き気、下痢、目の充血、リンパ腺の腫れなど、
多種多様な症状が現れます。

 

 

これらの症状は2日~3日で収まりますが、
その後も熱や咳はしばらく続きます。場合によっては登校や出社が制限されることがあるので、その場合は医師の指示に従いましょう。

 

 

体力が回復するのにはさらに数週間程度かかります。
様子を見ながら徐々に日常生活に復帰しましょう。

 

 

治療
感染を予防するにはインフルエンザワクチンの接種が有効です。
それだけで100%感染が防げるわけではありませんが、
少なくとも接種しないよりはずっと良いでしょう。

 

 

発症してしまった場合は、医師の指導を受け乍ら安静に過ごします。
症状が厳しい時は、その症状に合わせて対処療法を行います。

 

 

非ステロイド系抗炎症薬は、インフルエンザ脳症との関連性が指摘されているため、
小児に対して使うべきではありません。

 

 

なんにせよインフルエンザにかかったらしばらく安静にしなければなりません。
無理な出社は周囲に迷惑をかけるので、絶対にやめましょう。


スポンサードリンク
2014年9月10日 コメントは受け付けていません。 全身の病気