スポンサードリンク

てんかんの症状と原因は?薬はどこまで有効?


てんかんは大脳の神経細胞が過度に興奮することによっておこる発作の一種です。
一口にてんかんといっても様々な種類のものがありますが、小児期の良性部分てんかんや小発作転換は一般的に予後がよく、年を重ねるにしたがって自然と軽快していきます。

 

 

これに対してレノックス症候群と呼ばれる症状は治療が困難といわれています。

 

 

レノックス症候群は難治性てんかんの一つで、各種抗てんかん剤が効果を示さない・示しにくいのが特徴です。

 

 

けいれん発作が一種類に収まらず。急に手足をつっぱるようにしたり、
意識だけがぼーっとしたり、手足をびくびくさせたりするのが特徴です。

 

 

さて、てんかんの原因はいろいろありますが、ある程度は発病年齢と関係があります。
乳幼児期では胎生期あるいは周産期の無酸素脳症、脳損傷、先天性代謝障害、髄膜炎後遺症などが多いです。

 

 

20代以降は脳腫瘍が、50代以降では脳血管障害が原因となることもままあります。
ありとあらゆる年齢に見られる病気ですが、発生頻度が高いのは10歳前です。

 

 

患者数は日本で大体50万人から100万人ほどといわれています。
あまり普段触れることはないですが日本では相当ポピュラーな病気といえます。

 

 

症状は大発作全般発作その他の発作の3種類に分類できます。
大発作は発作の前に目の前がちかちかとちらつくことが多いのが特徴です。
発作は硬直発作で始まり、目が上を幹、足はまっすぐに伸びます。
約30秒で諤々とする運動が加わり、直ちに大きな発作が出ます。

 

 

症状は数分ほど続きますがやがて小さくなり、いびきをかいて寝始めます。
数秒間声が出なくなったり、一時的に意識を失ったり、会話中に突然反応がなくなったりします。

 

 

全般発作は大発作の部分的なものとして考えられているものです。
発作の症状はいつも同じなのが特徴です。

 

 

あくび発作、ミオクローヌス発作(手足をびくっとさせる)、強直発作、無動発作などがあります。

 

 

その他の発作は新生児や乳幼児など見られる発作です。
一般化しづらい特殊な発作などはここに含まれます。

 

 

治療では抗てんかん薬を使います。抗てんかん薬には神経細胞が過度に興奮することを抑制する効果があり、毎日服用することによって発作が抑えられます。
治療では基本的に1種類の薬のみを服用することになります。
複数治療は難しいため避けられることが多いです。

 

 

治療薬の多寡は治療と反応を見乍ら決めていきます。一種類の薬だけで大体80%の発作を推させることが可能です。

 

 

大多数のてんかん患者は抗てんかん薬の服用によって発作のない生活を送ることが出来ます。
一部の患者は発作が続きますが、そのグループも皮質切除によって改善することが多いです。

 

 

なんにせよ適切な投薬を受けることが大切です。


スポンサードリンク
2015年4月1日 コメントは受け付けていません。 全身の病気