スポンサードリンク

自由診療・保険診療・混合診療の違いは?


病院で受けられる治療には、加入している公的保険を適用できるものと、適用できないものがあります。保険を適用できるものを保険診療、できないものを自由診療といいます。

保険診療の仕組み

保険診療とは、国民健康保険や社会保険などの公的保険が適用され、窓口負担が軽減される診療です。自己負担額は年齢や保険の種類によって違いますが、基本は3割です。つまり、7割は国が負担します。

ただ、国が負担すると言ってもその財源は国民が払った健康保険料です。健康保険料は原則として所得に比例しますので、高所得で病院にほとんどかからない人ほど損をするということになります。

保険診療の特徴は、予め決められた治療法や素材などしか使えないことです。また、治療の内容が同じならば、どこの病院で受けても治療費は同じになります。医師の裁量で勝手に治療費を上げたり下げたりは出来ないわけです。

自由診療の仕組み

自由診療とは、国民健康社会保険などの公的保険が適用されず、窓口負担が軽減されない診療です。治療費は全額自己負担となります。

健康保険料が応能負担である(所得が高い=保険料をたくさん支払える人ほど負担が増える)のに対して、自由診療は応益負担(診療によって利益を得る人が費用を負担する)仕組みになっています。

自由診療では、治療費は医師が自由に設定することが出来ます。もちろん医療法や医師法に従うことが前提ですが、双方の合意があればいくらお金がかかってもよいのです。

保険診療の範囲

保険診療には予め範囲が決められています。例えば歯科治療の場合、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)には銀合金や硬質レジンなど、一部の素材のみが保険診療の対象となっています。メタルボンドやセラミック、ゴールドなどの素材は保険診療の範囲外となっていますので、これらを使いたい場合は自費で受けるしかありません。

美容医療などは通常全て自由診療となります。

混合診療の仕組み

混合診療とは、一連の治療の中で保険診療と自由診療を併用する診療のことです。保険の範囲内の部分は健康保険でまかない、その範囲外は患者が全額自己負担します。現在の日本では混合診療が原則として認められていませんが、例外的に先進医療などは混合医療が用いられることがあります。


スポンサードリンク
2017年4月25日 コメントは受け付けていません。 保険