スポンサードリンク

秋バテを防ぐお風呂の正しい入り方は?


近年、夏バテならぬ秋バテの症状を訴える人が増えています。秋バテとは、夏から秋に移る際の温度変化、日中の温度差の増加などの寒暖差、夏に体を冷やしすぎたことによって体にかかっていた負担などが原因で、体調を崩す現象のことです。秋自体は比較的過ごしやすい季節ですが、だからといって無理は禁物です。

秋バテを解消するのに効果的とされているのが入浴です。秋の冷えにはゆっくりと入浴して、心も体もリラックスさせましょう。

スポンサードリンク

秋はしっかりと浴槽に浸かろう!

夏のうちは暑いからという理由でシャワーのみで済ませていた方が少なくないかと思いますが、秋になったらきちんと浴槽のお湯に浸かることをおすすめします。シャワーでは十分に体が温まらないからです。

お湯にゆっくりと浸かれば、体の表面だけでなく、内部もきちんと暖められるため、手足の先の冷えなども改善が期待できます。また、入浴は体の筋肉をほぐし、リラックスさせる効果もあります。

温度は38~40℃

お湯の温度は38~40度が適温です。入ったときにちょっとぬるいくらいがいいでしょう。このくらいの温度ならば、自律神経のうち、副交感神経という神経のほうが優勢になります。副交感神経が優位になると心拍数が落ち着き、筋肉が緩み、血管が広がり、体調が改善されます。

一方、熱いお湯は交感神経を優位にします。交感神経が優位になると心拍数が高まり、体全体が活動モードになります。リラックスしたい場面で交感神経を活発にさせるのは得策とはいえません。

炭酸ガス入りの入浴剤やアロマキャンドルでリラックス度アップ!

お風呂はそのまま浸かるだけでも効果がありますが、炭酸ガス入りの入浴剤やアロマキャンドルを使うと効果がより高まります。炭酸ガス入りの入浴剤を利用すると毛穴から二酸化炭素が吸収され、血管が拡張し、血流が良くなります。また、アロマキャンドルにはリラックス効果が有ります。アロマオイルは専門店で様々なものが売っていますので、自分にあったものを選んでみてください。


スポンサードリンク
2017年10月17日 コメントは受け付けていません。 体調管理