スポンサードリンク

昼間の眠気を効率的に覚ます方法10選


眠い時はもちろん寝るのが一番ですが、仕事中などどうしても眠れないときに眠くなってしまった場合は、以下のことを実践してみてください。

スポンサードリンク

顔を洗う

顔を洗うと、顔だけが冷えます。しかし、脳はそれを体全体が冷えたと勘違いし、一時的に体温の低下を止めようとします。体温の低下が止まると、眠気が覚めていきます。

冷たい飲み物を飲む

基本的には顔を洗うのと同じ原理で、胃の中だけが冷えたにも関わらず、脳が体全体が冷えたと勘違いするため、体温の低下が止まり、眠気が覚めていきます。

人と話す

一人でいると、どうしても眠くなるものです。周囲に人がいる場合は、その人に話しかけてもらうだけでも眠気が冴えてきます。相手も眠いとより効果的です。

食事の量を少なくする

食事をすると眠くなるのはみなさんも経験したことがあるかと思います。つまり、食事をしなければ眠くなりにくくなるわけです。食事を全く取らないというのは一日の活動に影響を与えますが、食事を普段より少し減らすだけでも眠気は軽くなります。

カフェインを摂取する

昔から言われていることですが、カフェインは一時的に眠気を取るのに役立ちます。ただし、摂取しすぎると体に悪く、夜眠れなくなる可能性があるので、程々にしておきましょう。

ガムを噛む

ガムを噛むと口の中が動き、脳が刺激されるので眠気が軽減されます。なにもない場合は、口を動かすだけでも多少効果があります。

ツボを押す

親指と人差指の間にある骨の手前「合谷」や頭頂部「百会」などは眠気覚ましに有効とされています。

息を止める

息を止めると脳が生命の危機を察知し、眠っている場合ではないと判断するため、眠気が軽減されます。

目薬をさす

一時的ではありますが、眠気が軽減されることが多いです。

仮眠をとる

チャンスが有る場合は、思い切って寝てしまうのものいいでしょう。長く寝すぎると生活リズムを崩すので、30分程度にとどめておきましょう。

最後に

眠気座間市というのはあくまでも対処療法に過ぎません。毎日昼間に眠くなるという場合は、睡眠不足やナルコレプシーなどを疑ったほうがいいかもしれません。


スポンサードリンク
2017年8月26日 コメントは受け付けていません。 体調管理