スポンサードリンク

関節リウマチの症状は手や肩のしびれ。治療ガイドラインとブシラミン


関節リウマチは中年期の女性に多く見られる病気です。
関節の変形や破壊をもたらし、やがて関節以外の部位にも影響を与える危険な病気です。

スポンサードリンク

症状
関節リウマチは最初は「朝のこわばり」という手足の痺れから始まるのが一般的です。
朝のこわばりとは朝起きた時に手や足がこわばり、しびれるというものです。

 

 

やがてしびれや痛みは肩、首、ひじなど全身に広がります。
関節が屈曲したり、指が外側に湾曲したり、ひじが伸びなくなったりすることもあります。

 

 

また、関節以外の症状としては、全身の倦怠感、リウマトイド結節(小さなしこりができる)、
間質性肺炎などの病変を引き起こすこともあるため、注意が必要です。

 

 

特に悪質なのが血管炎を合併した悪性関節リウマチです。
厚労省が特定疾患の一つ指定するなどその症状は危険です。

 

 

原因
原因については詳しくわかっていませんが、ウイルス、遺伝的な体質、ストレスなどが原因であるといわれています。

 

 

関節リウマチにかかりやすい人
日本での関節リウマチ罹患率は0.3%(1000人に3人)です。
そのうち約7万人が身体障碍者です。

 

 

また、男性と女性では女性の方が約3倍かかりやすく、
年齢では30代~50台に発症しやすいといわれています。
女性の場合は特に閉経期に発症します。

 

 

子供や高齢者でも発症することがありますが、
その場合男女差は小さくなります。

 

 

診断
アメリカリウマチ学会の定めた診断基準は以下の通りです。

1.朝、起床したときに関節がこわばって動きにくい。からだを動かしていくうちに、こわばりがとれてくる。いわゆる、朝のこわばりがある。
2.3カ所以上の関節のはれがみられる。
3.手または、手指の近位指節間関節、または中手指節間関節がはれている。
4.左右対称性に関節のはれがみられる。
5.手のX線検査で典型的な所見がみられる。
6.皮下にしこりがみられる。
7.リウマトイド因子が陽性を示す。

 

 

この項目のうち、4つ以上に当てはまった場合、関節リウマチと診断されます。

 

 

治療
治療には基礎療法、薬物療法、外科的手術などがあります。
基礎療法では筋肉の委縮を抑制し、筋力を作ることを目的に、
適切な運動を行います。

 

 

薬物療法では抗リウマチ薬のブシラミン(商品名:リマチル)、ペニシラミン(商品名:ペニシラミン)などが使用されます。

 

 

いずれの場合も副作用が出ることがありますので、
医師と相談の上、適切な薬を選ぶことが大事です。

 

 

また、症状によっては外科的手術を行うこともあります。
関節運動の維持や改善が目的であり、
人工関節や関節形成性を行うこともあります。

 

 

いずれにせよ関節の破壊と機能障害は少しずつ進んでいきます。
関節リウマチの機能障害程度はクラスⅠ~クラスⅣの4段階に分けられます。
クラスⅠが最も軽い(身体機能は完全で、普通に生活できる)、クラスⅣがもっとも重い(寝たきり、車いす等で、身の回りのことがほとんど・まったくできない)の4段階に分けられます。

 

 

関節リウマチの治療ガイドライン
こちら(PDF)をご覧下さい。

 

 

支援など
関節リウマチの方が使用できる制度はたくさんあります。
ココではいくつか代表的なものを紹介します。

 

 

医療費控除
医療費負担が10万円を超えた場合に、医療費を還付する制度です。
医療費控除を受けるためには、確定申告をする必要があります。

 

 

身体障碍者手帳
手帳を持っていると、様々な支援・割引などが受けられます。
詳しくは市区町村窓口にお問い合わせください。

 

 

介護保険制度
訪問介護やリハビリテーションを受けることが出来ます。
関節リウマチは特定疾患であるため、40歳以上から介護保険のサービスを受けることが出来ます。


スポンサードリンク

コメントを残す