スポンサードリンク

過敏性腸症候群をチェック。ガス型の治し方は薬と食事で。市販薬は効くか?


検査では特に炎症や潰瘍など目に見える異常がないにもかかわらず慢性的な下痢や便秘、腹痛を繰り返す病気―――それが過敏性腸症候群です。

スポンサードリンク

過敏性腸症候群の4つの型

過敏性腸症候群は症状に応じて便秘型下痢型交代型ガス型の4つに分類出来ます。
便秘型は女性に特に多く見られる症状で、腹痛や腹部不快感などの症状が続きます。
何日も排便がなく、やっと出たと思ったら兎の糞のような硬くて小さいもの、という言葉しばしばあります。

 

 

下痢型は男性に多く見られる症状で、1日に何度もトイレに駆け込みます。
ストレスや不安が引き金となることが多いですが、何の前触れもなく便意が襲ってくることもあります。

 

 

交代型は便秘型と下痢型が交互に襲ってくるタイプです。
何位置も下痢が続くと思ったら、突然便秘になるため、肉体的な負担が大きくなります。

 

 

ガス型は体内にガスが溜まり、頻繁におならが出るタイプです。
ガスのにおいのせいで周りから嫌われるのではないかという心理的な不安が一層症状を悪化させることがあるようです。

 

 

過敏性腸症候群は検査をしても器質的な異常が見られることがなく、
詳しい原因は分かっていません。
しかし、この症状に悩む人の多くは過剰なストレスに悩まされていることから、
ストレスが原因で起こる病気と一般的には認知されています。

 

 

その証拠にストレスがかからない休日、休暇中、睡眠中、帰宅中などには症状が見られず、
学校や会社では頻繁に症状が現れるという方も少なくありません。

 

 

さて、ストレスは腸管の反射を高めて、便通異常を引き起こします。
ストレスが溜まると下痢や腹痛が起きるというのは珍しいものではありませんが、
過敏性腸症候群の患者は腸が敏感になっているため、
少しのストレスでも過敏に体が反応してしまいます。

 

 

ストレスが全くかからない生活など普通は送れませんし、
ある程度の症状は我慢するしかない……と考える方も少なくないようですが、
適切な治療を行えば症状は軽減されることが多いです。

 

 

治療に当たっては生活リズムを整えることが重要になります。
規則正しい生活はストレスを遠ざけ、体のリズムを正常に戻します。
十分な睡眠、適度な運動も効果的です。

 

 

アルコールや炭酸飲料、香辛料などは避けてください。
夜更かし、寝不足、過剰なストレスも厳禁です。

 

 

それだけで改善が見られない場合は薬物療法を使います。
ストッパなどの市販薬は効果が薄いので、
なるべく病院から処方されたものを飲むようにしましょう。

 

 

処方される薬は下痢型ならば整腸薬、便秘型ならば下剤が出ることがあります。
また、精神的なストレスが強い場合は抗うつ剤が処方されることもあります。

 

 

最後に、この病気はストレスが引き金となることが多いため、
この症状をあまり気にしないことも大切です。
他に打ち込めることがあれば、自然と症状が消えていくことが多いです。
多少適当に物事を考える癖をつければ、ストレスがなくなっていきますよ。


スポンサードリンク
2014年7月27日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気