スポンサードリンク

腸閉塞の初期症状は?原因の中でも最多なものとは?平均入院期間はどれくらい?


腸閉塞は何らかの原因で腸がふさがってしまう病気のことです。
腸がふさがってしまうと本来流れていくべき内容物が滞留してしまうため、
さまざまな症状を引き起こします。

スポンサードリンク

症状
腸閉塞は小腸、もしくは大腸に通過障害が起きる病気です。
通常はスムーズに通り抜けていく食物や消化液、ガスなどが通らなくなります。

 

 

腸管が閉塞したときのもっとも代表的な症状が腹痛です。
腸が閉塞すると拡張したり、ねじれたりすることがあるため、
かなり激しい痛みを感じることが多いです。

 

 

また、吐き気やおう吐、腹鳴が見られるのが一般的です。

 

 

腸閉塞はその症状によって閉塞性腸閉塞絞扼性腸閉塞の2種類に分けられます。
閉塞性腸閉塞は腸の閉塞のみが起こるもの、
絞扼性腸閉塞は血行障害を伴うものです。

 

 

腸閉塞は虫垂炎に次いでメジャーな急激な腹痛の原因であり、
命にかかわるようなことは通常ありませんが、
即座に治療を受けなければいけません。

 

 

原因
腸閉塞が起こる原因は様々ですが、一番多いのは異物やがんなどで長官がふさがったり、
腸管が他の腸や腹筋の内側についてしまう状態を言います。
これを機械的閉塞といい、腸閉塞の実に90%を占めています。

 

 

以前手術を受けたり、結核などで腹膜炎を起こしたことがある人は、
機械的閉塞になりやすい傾向があります。

 

 

また、消化の悪い食べ物を食べて腸閉塞が起こることもあります。

 

 

その他、腸が自然にねじれてしまって通貨障害を引き起こすこともあります。
これがいわゆる「腸ねん転」です。腸が長い人は腸ねん転を起こしやすく、
特にS状結腸のあたりによく見られます。

 

 

一方、このような機械的閉塞とついになるものが機能的閉塞です。
腸の動きが麻痺して内容物が流れていかないケースがあるほか、
血管が詰まったり高体温やヒステリーで通貨障害が起こることもあります。

 

 

機能的閉塞は大体全体の10%程度です。

 

 

診断
過去の病気と照らし合わせながら、腹部単純X線診断で確定させます。
それだけでは異常が見られない場合は、CT検査を行います。

 

 

治療
治療には外科的治療と内科的治療があります。
症状が重い場合には前者、軽い場合には後者を選ぶのが普通です。

 

 

外科的治療では手術を行います。

 

 

内科的治療では絶食したうえで腸管の内容物をチューブで吸い出します。
合わせて、脱水などを改善するために輸液を行います。

慈泉会相澤病院の発表したデータによれば、
腸閉塞の平均的な入院期間は約14日程度です。
手術を受ける場合はもう少し長くなります。


スポンサードリンク
2014年10月16日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気