スポンサードリンク

脂肪肝は食事で治る?治療期間と改善に聞くサプリメント・レシピを紹介


肝臓に脂肪がたくさんたまっている状態のことを脂肪肝といいます。
脂肪肝自体はほとんど無症状ですが、放置すると肝硬変につながることもあるので、
脂肪肝だということがわかったら早めに治療を開始することが大切です。

スポンサードリンク

脂肪肝とは具体的には、肝細胞の30%以上が死亡になった状態のことを言います。
いわゆるフォアグラのような状態のことです。脂肪肝になると肝臓は白っぽくなります。

 

 

また、脂肪肝にはアルコール性脂肪肝非アルコール性脂肪肝
薬剤性脂肪肝急性妊娠性脂肪肝があります。

 

 

アルコール性脂肪肝は最もメジャーな脂肪肝です。
アルコール性脂肪肝は名前の通りアルコールの取り過ぎが原因で起こります。

 

 

非アルコール性脂肪肝はアルコールと関係なく起こる脂肪肝です。
主な原因は栄養の取り過ぎ(肥満)です。

 

 

薬剤性脂肪肝は特定の薬が原因で起こる脂肪肝です。
アレルギーの治療などでステロイド剤を長期にわたり利用していると、
薬剤性脂肪肝が起きることがあります。

 

 

急性妊娠性脂肪肝は妊婦、それも妊娠後期の妊婦におこる脂肪肝です。
脂肪肝の中では珍しく頭痛や意識障害、倦怠感などの自覚症状があります。
原因は不明です。

 

 

ただし、薬剤性脂肪肝、急性妊娠性脂肪肝は極めてまれな病気です。
実質的には脂肪肝の原因はほぼ肥満とアルコールにあると見て間違いないでしょう。

 

 

アルコール性脂肪肝の場合はアルコールの摂取を制限することによって症状が改善します。
個人差はありますが、大体アルコールの摂取を辞めてから1カ月程度で症状が改善します。
ただし、だからと言って安心してまたアルコールを取り始めるとすぐに元に戻ってしまいます。

 

 

また、アルコールに対する体制はかなりの個人差があります。
同じ量を飲んでも肝障害になる人もいれば、ならない人もいます。
少量ならば必ずしもセーフというわけではないので、
出来るだけ源酒ではなく禁酒をしたほうがいいでしょう。

 

 

非アルコール性脂肪肝の場合は食事制限と運動、すなわちダイエットにより症状が改善します。
最終的な目標体重はBMI(体重(kg)を身長(m)の2乗で割ったもの)にして22程度ですが、
いきなりそこまで痩せるのが難しいという方はまずは25ぐらいを目指しましょう。

 

 

食事では脂肪の取り過ぎに気をつけましょう。
ビタミンやミネラル、食物繊維などは豊富にとり、健康的な生活を心がけましょう。

 

 

食事は3食バランス良く摂りましょう。また、運動も行いましょう。
おすすめの運動は1日40分程度のウォーキングです。
激しい運動や無理のある食事制限は長続きしないばかりでなく、
反動による暴飲暴食が怖いのでやめましょう。

 

 

食事と運動だけでよくならない場合は、薬物療法を使うことがあります。
インスリン抵抗性改善薬、ビタミンCなどの酸化防止薬で肝臓の働きが改善されることがあります。

 

 

脂肪肝自体はそれほど危険なものではないですが、
それによって引き起こされる肝硬変は大変恐ろしい病気です。
手遅れになる前に早めの対策を打ちましょう。


スポンサードリンク
2014年7月15日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気