スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の簡易検査の判定と費用、原因と治療について


睡眠時にたびたび呼吸が止まり、十分な睡眠状態が得られていない状態を睡眠時無呼吸症候群といいます。

スポンサードリンク

呼吸が止まることにより適切な眠りが妨げられ、慢性的な眠気や倦怠感などが現れます。
眠気は交通事故などのもととなったり、集中力低下による様々な弊害が引き起こされたりします。

 

 

 

原因と症状
睡眠時無呼吸症候群には、のどの空気の通り道がふさがることにより呼吸が止まる閉塞性睡眠時無呼吸症候群と、
呼吸中枢が機能しなくなることにより呼吸が止まる中枢性睡眠時無呼吸症候群があります。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の9割以上は閉塞性睡眠時無呼吸症候群に分類されます。
のどの空気の通り道がふさがる原因は肥満、アデノイド(咽頭扁桃)の肥大、
下顎の発達が不十分の場合などさまざまです。

 

 

一方、睡眠時無呼吸症候群の中でも珍しいのが閉塞性睡眠時無呼吸症候群です。
このタイプは割合的には数%程度です。呼吸指令が出ないことにより息が止まるのが特徴で、
主な原因は脳や呼吸筋などの障害です。

 

 

心臓の機能が低下していると、閉塞性睡眠時無呼吸症候群が出やすいといわれています。

 

 

睡眠時無呼吸症候群になると慢性的によく眠れない状態が続き、
集中力の低下や居眠り運転などの症状が出ることがあります。
また、糖尿病や脳血管障害の悪化の引き金ともなります。

 

 

診断・検査
10秒以上続く無呼吸状態が7時間の中に30回以上、
もしくは1時間の間に5回以上みられる場合、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

 

 

検査は病院で行うこともありますが、自宅でキットを用いて簡易検査する方法もあります。
自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、寝ているときの呼吸をチェックします。
自宅で普段通りに寝ながら行えるため、検査の負担が少ないのが特徴です。
検査費用は保険適用で300円程度となります。

 

 

さらに精密な検査を受けたい場合は病院に一泊して精密検査を受けます。
睡眠中に心電図や胸部・腹部の換気運動、脳波などを取り診断します。
検査費用は保険適用で大体10000円程度になることが多いようです。

 

 

治療
軽症の場合には寝るときに横を向くことにより、気道が確保されて症状が軽快することがあります。また、下顎が小さい場合はマウスピースによって症状が軽減することがあります。

 

 

明らかに肥満が原因である場合は減量も必要不可欠です。
重症の場合は鼻に付けたマスクから空気を流す「n-CPAP」という機械を用いたり、
あるいは手術をしたりする必要があります。

 
支援など
いびきと睡眠時無呼吸症候群(横浜呼吸器クリニックの小野院長監修)でセルフチェックや市民公開講座のお知らせ配信などが行われています。
 

睡眠時無呼吸症候群といびき
いびきと睡眠時無呼吸症候群には密接な関係があります。
いびきは一定のペースを保って出ているときは問題ありませんが、
ペースが不規則である場合は注意が必要です。

 

 

いびきは自分では気が付きにくい物ですが、
人から指摘された場合はいびきが依頼に行ってみるといいでしょう。

 

 

心構え
睡眠時無呼吸症候群の最大の敵は肥満です。
太っているという自覚がある場合には、まずは適切な体重までダイエットしましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す