スポンサードリンク

甲状腺の橋本病の症状とは?放射能とイライラをセルフチェック


甲状腺の機能が低下する病気は数多くありますが、
その中でも代表的なものが橋本病(慢性甲状腺炎)です。
1912年に橋本博士により報告されたため、このような名前が付いています。

 

 

橋本病は子供から高齢者にまで見られる病気ですが、
中でも30代~50代の女性の患者が多いです。
症状は人によっても異なりますが、ここでは代表的なものを列挙していきます。

スポンサードリンク

症状
慢性甲状腺炎は甲状腺に炎症が起こり、甲状腺の機能が低下する病気です。
とはいっても、甲状腺は予備能力が大きい臓器なので、多少壊れても問題はありません。
甲状腺全体が破壊されて初めて、機能が低下していきます。
主な症状は甲状腺の腫れです。手の甲を触るとかたくてごつごつしたでっぱりが感じられます。

 

 

また、血液中の甲状腺ホルモンが低下してくると、倦怠感、乾燥、冷え、便秘などの症状が出てきます。女性の場合は月経過多が起こり、活動性が低下します。
動悸を感じたり、イライラしたりすることもあります。
ただしこれらはあくまでも一例であり、中には橋本病であるにもかかわらず、
甲状腺の腫れ以外の症状が一切出ない人も居ます。

 

 

一般的には加齢とともに症状が重くなります。

 

 

原因
自己免疫疾患(ウイルス、腫瘍などを排除する免疫系に異常があり、
自身の体に対して攻撃を加えてしまう状態)と考えられています。

 

 

このような反応が起こる原因は、まだ明らかにされていません。
遺伝や環境、放射線が関係しているという説があります。

 

 

治療
甲状腺の機能が正常で自覚症状がない場合には、橋本病でも治療は不要です。
ただし、その場合でも将来甲状腺の機能が低下することはあり得るので、
随時経過観察を行い定期的に血液検査を受けることが大切です。

 

 

甲状腺の機能が低下している場合は薬を服用します。
薬を服用しても機能が正常に戻ることはほとんどないですが、
薬を使えば健康な人とほとんど同じように生活することが出来ます。

 

 

なお、普段甲状腺の機能低下が見られない人でも、
出産後一時的に甲状腺の機能が低下することがあります。
橋本病の人は自覚症状がなくても、妊娠時には注意が必要です。
妊娠が発覚した時点で、かかりつけの医師に相談しましょう。

 

 

日常生活では、ヨードを多く含む食品を避けるようにしましょう。
ヨードとは海藻類などに含まれるヨウ素のことです。

 

 

ヨードを取ると甲状腺の機能がさらに低下してしまうため、
ヨードの多い食品は避けるべきなのです。


スポンサードリンク
2014年11月17日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気