スポンサードリンク

根性坐骨神経痛とは治るか。椎間板ヘルニアとリハビリ期間、しびれをとるには


椎間板ヘルニアとも密接な関係がある坐骨神経痛
その概要を簡単に解説したいと思います。

スポンサードリンク

坐骨神経痛は坐骨神経があるお尻から太もも、ふくらはぎが痛む・しびれる病気です。
坐骨神経痛の中でも、脊髄の近くで神経根を刺激されたことによる痛みを、
根性坐骨神経痛といいます。

 

 

坐骨神経痛の主な原因は椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニアとは一つで椎間板の障害の一つで、
椎間板の線維輪という部分に亀裂が入り、
内部の髄核が脱出し神経組織を圧迫している状態のことを言います。

 

 

脱出した髄核が神経を圧迫すると首から肩、腰あたりに痛みを感じるようになりますが、脊髄が圧迫すると足にもしびれが来ることもあります。
症状がひどいと歩行障害が現れ、まともに歩けなく出来ます。

 

 

 

その他、脊髄腫瘍、変性腰椎症なども坐骨神経痛の原因となります。
また、原因がはっきりわからないけれど坐骨神経痛がある、
ということもあり得ます。MRIやレントゲンで異常がないにもかかわらず、
慢性的な坐骨神経痛がある場合は、とりあえず安静にしていましょう。

 

 

坐骨神経痛を改善するためには、やはり安静にすることが大事です。
重いものは極力持たず、体重が多すぎれば減量し、
激しい運動も避けたほうがいいでしょう。

 

 

ただし、坐骨神経痛は安静にしていても痛みがあるため、
ただ寝ていればいいというわけではありません。

 

 

むしろ、適度な運動は推奨されています。
ジョギングやウォーキング、水泳などの運動は血流を浴し、
腰を支える筋肉を鍛えてくれます。
腰周辺の筋肉を鍛える腹筋や背筋も効果的です。

 

 

ただし、これらの治療法も間違って行ってしまえばかえって症状を悪化させかねないので、必ず事前に医師の了承を得るようにしましょう。

 

 

坐骨神経痛の治療期間はもちろん人それぞれですが、
一般的には原因がはっきりしている(椎間板ヘルニアなど)場合は治りにくく、
原因がわからないほど治りやすいといわれています。

 

 

ただし、本当に原因がわからない場合は医師もお手上げになってしまうことがあります。
医師が頼りにならない場合は、整体などに頼ってみるのもいいかもしれません。

 

 

最後に、坐骨神経痛の方にお勧めの寝方を紹介します。
一番悪い寝方はうつぶせです。
腰椎が強くそってしまい、腰に無駄な負担がかかります。
あおむけは悪くありませんが、一番いいのは横向きです。

 

 

抱き枕を使って、膝を曲げて寝るとより効果的です。
抱き枕を使っているときの姿勢は腰に負担がかからず、
楽に寝ることが出来ます。


スポンサードリンク