スポンサードリンク

星野仙一の難病気胸椎黄色靱帯骨化症とは。手術と病院


東北楽天ゴールデンイーグルスの星野仙一監督が掛かった、
胸椎黄色靱帯骨化症」とは一体どんな病気なのでしょうか。

スポンサードリンク

人間の人体には黄色靭帯という、脊柱管の後方にある椎弓の間を結ぶ靱帯があります。
この靭帯が骨化し、脊椎管が狭くなって、神経が圧迫される病気が黄色靱帯骨化症です。

 

 

この病気の発症原因はよくわかっていませんが、国が指定する公費対象の難病の一つです。
年齢的は40歳以上の高年齢層が発症することが多く、また頚椎後縦靭帯骨化症の患者の13%に胸椎黄色靱帯骨化症があるといわれています。

 

 

頚椎後縦靭帯骨化症とは脊柱にある後縦靭帯が骨化して大きくなり、
脊髄を圧迫する病気です。こちらも公費対象の難病です。

 

 

症状は全くでないこともありますが、かなり重篤な症状が出ることもあります。
主な症状は下半身の痺れ歩行困難などです。

 

 

歩行困難は徐々に進行し、100メートルほど歩くと休まないと歩けなくなるなど、
かなりつらい症状が出ることも珍しくありません。軽いしびれや鈍痛が続く程度の人も多いのですが、数カ月といった短い期間で歩けなくなるなど、重い症状が出ることも珍しくありません。

 

 

検査はX線、CT,MRIなどがあります。全く無症状の方が、
検査で初めて胸椎黄色靱帯骨化症だと気が付くこともあります。

 

芸能人と病気関連の記事
木村拓哉の子供はダウン症?
長州小力が糖尿病で透析間近か
水前寺清子の脊椎管狭窄症とは
桂歌丸の帯状疱疹とは
本田圭佑のバセドウ病とは
柿谷曜一郎とアトピーの関係
山田優が不妊治療をしていた病院は
矢沢心が不妊治療に成功?
やしきたかじんのかかった食道がんの怖さ
さまぁ~ず三村もかかった怖~い痛風の症状
渡辺徹の糖尿病が悪化か
米良美一の先天性骨形成不全症はどのような病気か
安倍首相も患った潰瘍性大腸炎のリスク
めざましテレビ大塚さんの白血病はどうなったの?
ナイナイ岡村が鬱になった理由と相方矢部の対応
川島なお美が余命先刻か
黒柳徹子の発達障害はどのような病気か
絢香のバセドウ病はどうなったのか
星野仙一の難病気胸椎黄色靱帯骨化症とは
高木美保がパニック障害を独力で克服
熊田曜子の子供はダウン症か

 

治療方法はまだ十分に確立されていませんが、
症状が明らかに進行している場合には、手術を行うこともあります。

 

 

手術では全身麻酔を行い、背中を開いて骨化病変を慎重に削ります。

 

 

また、読売巨人軍の越智投手も同じ病気にかかっています。
越智投手の場合は現役中の発病ということもあり、
リハビリを進めているほか、2013年には1軍での登板こそなかったものの、
実戦復帰は果たしています。

 

 

星野氏はもともと腰痛持ちであり、痛み止めをして監督業を行っていた時期もあるそうです。
腰痛の悪化に関しては本人も自覚があったそうですが、
チームも5位と低迷している中で、シーズン半ばで離脱するわけにはいかないという気持ちから、
休養が遅れたそうです。

 

 

やはり健康あってこその人生ですから、
ここで休養に入ったのは正解だと思います。

 

 

手術を行うかどうかは本人の意思次第とのことですが、
果たして星野氏は手術を受けるのでしょうか。

 

 

もし仮に手術を受けて現場復帰を果たすことが出来れば、
この病気にかかっているほかの人は勇気がわくかもしれません。

 

 

ただし、手術を行っても圧迫されていた脊髄がもとに戻らないこともあります。
なんにせよ、この病気かな?と思った際には、早目に検査を受けることが大事です。


スポンサードリンク

コメントを残す