スポンサードリンク

急性虫垂炎の初期症状と原因は?ストレスは関係ある?


虫垂炎は虫垂に可能性の炎症がおこる病気です。虫垂とは盲腸から突出している長さ6cm程度の細長い臓器です。かつてはそれなりの役割があったのですが、今は退化した臓器として知られています。
そのため、手術で切除したとしても、悪影響が出ることはありません。少なくとも成人においては不要と考えられています。

 

 

この虫垂に炎症が発祥したものが虫垂炎です。急激な腹痛の中ではもっとも頻度が高い病気です。年齢層は小児から高齢者まで様々ですが、10代後半から20代にかけて多くみられる病気です。男女差はありません。

 

 

虫垂炎は「盲腸」「盲腸炎」という名称でも知られています。これは虫垂炎が盲腸まで広がった状態で発見されることが多かったからです。現在は医療技術の向上により、盲腸にまで炎症が及ぶ前に発見されることが多くなってきています。治療が適切に行われれば予後の良い病気ですが、放置すると致命的な結果を招くこともあります。かつては死亡率60%もあった病気なので、油断してはいけません。

 

 

原因

明確な原因はわかっていません。しかし、糞便や異物(果物の皮や種)など、あるいはリンパ組織の過形成、腫瘍などによって虫垂の内宮がつまり、内圧が上がって血行が悪くなり、そこに細菌が進入して感染を起こし、急性の炎症がおこると考えられています。

 

 

生活環境にも関係があり、どちらかというと先進国で多くみられます。過労や暴飲暴食の後に発症しやすい傾向もあります。

 

 

症状

腹痛、食欲不振、吐き気、発熱(37度台の微熱)などが主な症状です。
中でも最も重要な訴えは腹痛です。病気の初期はおなか全体が痛みますが、やがてそれは和らいでいき、だんだん痛みが右下腹部に移動していくことが多いです。

 

 

また、虫垂の先端が背中側にくっついてしまい、そこで炎症がひどくなってしまった場合は、歩行時に右下腹部の痛みが強くなったり、あるいは腰痛を伴うおkともあります。疼痛がひどい時は手術が必要なこともあります。発熱は38度近くまで上がることもありますが、熱が高いからと言って必ずしも炎症が重症というわけでもありません。逆に高齢者などは症状が重くても発熱がないことがあるので注意が必要です。

 

 

治療

かつては虫垂炎はすべて手術していましたが、最近は薬物療法の進歩により、程度が軽い場合は抗生物質による内科的治療が可能になってきています。こうした治療で治った場合は再発率が高く、結果的に手術をしなければならないこともあります。

 

 

手術は早期に行われれば死亡率は1%未満、入院期間も1週間程度と非常に短くて済むのでそれほど心配はありませんが、早期発見ができなければ死亡率は上がるので注意も必要です。
手術には開腹手術と腹腔鏡手術があります、


スポンサードリンク
2015年7月7日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気