スポンサードリンク

急性肝炎の原因はストレスやアルコール?正しい治療方法は


急性肝炎は肝臓の表面に大小の結節ができ、ヒキガエルのいぼのようになる病気です。
肝炎ウイルスとしては、A,B,C,D,E型の5種類が確認されており、一般的には経過が良好な病気ですがまれに劇症化することがあります。劇症化した場合は肝臓移植手術が必要になります。

 

 

肝炎ウイルスを持っている人をキャリアといいます。日本人の100人に一人はキャリアであり、
セックスや血液を通じて他人に移るので注意が必要です。

 

 

急性肝炎の原因は肝炎ウイルスであり、特に日本ではA型肝炎、B型肝炎の患者が多いです。
A型とE型は主に患者の便で汚染された水や生の貝類などが感染源ですが、残りは血液や体液、経皮が感染源です。

割合としてはA型肝炎、B型肝炎が多く、D型肝炎とE型肝炎の割合が少なくなっています。
E型肝炎は従来日本には存在しないものと考えられていましたが、近年は北海道で集団感染が発生した例があります。

 

 

症状

代償性のものと非代償性のものがあります。
代償性のものは症状がなく、肝機能検査でも全く正常であることもあります。

非代償性の場合は胃腸が悪い感じがして、食欲がなくなったり下痢になったり吐いたりします。
また、掌が赤くかがややいたようになります。男性の場合は乳房が女性化することもあります。
これらの症状の出方はとても緩やかなので、気が付いたときには症状が進行していた、といったようなことが起こりがちです。

 

 

さらに症状が進むと、腹が膨れ始めます。腹の中に水がたまるためです。食堂の静脈も次第に拡張し、場合によってはそれが破裂して吐血に至ります。さらに症状が進むと黄疸が現れて、意識がなくなります。

 

 

治療

代償性のものは慢性肝炎と同じように治療をします。非代償性の場合は酒類は完全に絶ちます。
食欲がない時や体調不良が続くときは横になります。腹水がたまった時も同様の措置を取ります。
症状が経過したときは日常生活に戻ってもいいですが、スポーツは禁止したほうがいいでしょう。

 

 

食事療法は高たんぱくで消化しやすいものを中心に摂取するようにします。
資質は制限しなくてもいいですが、精神症状が現れている場合はタンパク質の制限を行うこともあります。果物や野菜を豊富にとることも大切です。

 

 

ブドウ糖液の点滴注射やステロイド薬の注射を行います。これらの治療は症状が軽かったりなかったりするときに行うことが大切です。症状が現れてからでは遅いです。

 

 

急性肝炎と併存する肝がんに関しては手術を行います。基本的には肝移植を考えますが、年齢や肝がんの広がりにより肝移植ができない場合は経皮的にアルコールを注入したり、ラジオ波で焼いたりします。
これらの治療は手術と比べると成績が悪いので、手術できるならばそちらを選んだほうがいいでしょう。


スポンサードリンク
2015年6月27日 コメントは受け付けていません。 体幹の病気