スポンサードリンク

急な腹痛の原因と対処法は?女性のためのストレスのガス抜きの方法


腹痛はその原因があまりにも幅広いため、
一概に「急な腹痛が来たらこう対処すればOK!」ということはできません。

スポンサードリンク

しかし、ある程度決められた処置法というものは存在しています。
急な腹痛があった際には、以下のことを試してみましょう。

 

 

1.膝を曲げて壁やいすの背もたれなどによりかからせる
膝を曲げ、腹圧を取り除くことによって腹壁の緊張を和らげます。
これによって腹痛が収まるケースもあります。
しばらく様子を見て、症状が治まりそうもない時は以下の処置をしてください。

 

 

2.腹痛の人への聞き取り
腹痛の場所はどこか、腹痛の原因に思い当たる節はないか、排便や排ガスはあるか、
ストレスはあったか、発熱はあったかなどを聞いておきましょう。
場合によっては救急車を呼んだ方がいいケースもあります。
症状が激しく、悪化していく場合にはなるべく早く救急車を呼びましょう。

 

 

強い腹痛の原因
腹痛の原因というのは非常に多岐にわたっています。
一時的な精神的緊張ストレスだけで腹痛になることもありますし、
十二指腸潰瘍や急性虫垂炎、胃潰瘍など原因となる病気があることもあります。

 

 

子供の腹痛
子供は急性胃腸炎になりやすいので注意が必要です。
下痢やおう吐などの症状がひどいときには、急性胃腸炎を疑いましょう。
また、腹部大動脈瘤などの場合にも激しい痛みが出ることがあります。

 

 

女性の腹痛
卵巣嚢腫の茎捻転や子宮外妊娠破裂などでは、
激しい痛みがおこることがあります。

 

 

そのほか、子宮内膜症子宮筋腫なども腹痛の原因となります。

 

 

腹痛と関連する主な病気
急性胃炎
急性腸炎
胃がん
食道アカラジア
幽門狭窄
食中毒
胆石症
胆嚢炎
急性膵炎
風邪
赤痢
小児がん
胃潰瘍

 

 

これらは腹痛の本の一例であり、実際にはもっと多くの病気が絡んでくることがあります。
いずれにせよ、たかが腹痛だからと言って甘く見ることなく、
症状が重いときには医者にかかることが大事です。

 

 

日常的な腹痛への対処方法
急な腹痛は上記のような病気がかかわってくることもありますが、
ストレスが原因となっていることも決して少なくありません。

 

 

特に女性の場合はストレスが腹痛に出やすいので注意が必要です。
もし仮に急な腹痛が繰り返し起こる場合には、「過敏性腸症候群」を疑った方がいいでしょう。
過敏性腸症候群は日本人の10~20%が抱えているポピュラーな病気で、
様々な場面で腹痛や下痢といった症状を引き起こします。

 

 

過敏性腸症候群の解消法として推奨されているのが、
規則正しい生活です。3食きちんと取り、早寝早起きを心がけることにより、
症状はだいぶ改善されます。仕事上それが出来ないという場合には、
食事の内容を工夫してみましょう。香辛料などの刺激の強いものを避けるだけで、
症状は軽減されます。

 

 

また、適切な運動習慣を持つことも大事です。
適度な運動はストレスの解消になるだけでなく、整腸作用も期待できます。
体操、散歩、ウォーキングなどの軽い運動で構いませんので、
日常生活に取り入れていましょう。

 

 

心構え
たかが腹痛と軽んじることなく、症状がつらい場合には素直に医療機関にかかることが重要です。


スポンサードリンク

コメントを残す